作成者別アーカイブ: オリックス銀行カードローン審査の達人

銀行カードローンって結局どこがおすすめなの?


カードローンの画像

【最終更新日付:

カードローンを選ぶなら銀行カードローンが今主流となっていますが、銀行カードローンって、結局どこがおすすめなのか分かりますか?

初めて借りる人なら、銀行カードローンと消費者金融の違いもはっきり知らない人も多いと思いますし、なぜに銀行カードローンが人気になっているのかも、あまり分かっていないと思います。

銀行カードローンの種類も非常に多く出ており、メガバンクからネットバンク、そして地方銀行で全国対応している銀行カードローンもあります。

銀行も消費者金融と同様に、それぞれに特徴があり、どのようなカードローンを希望するかによって、おすすめは変わってきます。

そこで、銀行カードローンを借りたいけれど、自分に合っているのがどこか分からない人向けに、銀行カードローンの説明と、おすすめの銀行を目的別によってピックアップしたいと思います!

これを読めば、銀行カードローンだけではなく、全てのカードローンについて詳しくなること間違いなし!

まず、銀行カードローンとカードローンの違いってなに?

そもそもの話として、普通のカードローンと、銀行カードローンの違いが何か知ってますか?銀行が発行しているのが銀行カードローンと言えば、それは当たりなんですが、詳しく説明すると、銀行カードローンには必ず保証会社が付いていますが、銀行以外のカードローンには保証会社が付いていません。これが一番大きな違いとなっています。

保証会社とは、債務者が債務不履行(借りた人が返済できなくなった)になった場合、債務者に代わって銀行へ残元金を一括で返済する会社のことを言います。

仮に貴方が銀行カードローンで50万円借りた場合、保証会社が付くのですが、もし貴方が返済できなくなった場合、保証会社が貴方に代わって銀行へ返済をしてくれます。

保証会社が返済してラッキー!と思うかもしれませんが、保証会社が払った分の金額は貴方に請求されます。なので、返済する先が銀行から保証会社に変わるだけなのです。借りた人はそこまでメリットはないのですが、銀行は100%回収できることになりますので、安心して融資ができるメリットがあるのです。

この保証会社の有無が銀行と一般的なカードローンの違いになるのですが、保証会社も回収可能と思う人しか保証を受けませんので、銀行カードローンを借りるには、保証会社の審査も通過しなければならないのです。

その為、保証会社と銀行の2つの審査を受けることになりますので、審査は普通のカードローンと比べると厳しくなっています。また、保証会社と聞くと保証専門の会社と思うかもしれませんが、銀行カードローンの保証会社は、プロミスやアコムなどの消費者金融やオリコや(株)オリックス・クレジットなどのクレジット会社が受けている場合が多くなっています。

銀行カードローンの種類はどれくらいあるのか?

銀行カードローンと一括りで説明しても、いろいろなカードローンがありますので、分かり易く下記表に分類してみました。

メガバンクカードローン

銀行金利限度額
みずほ銀行年3.0%~14.0%最高1,000万円
三菱東京UFJ銀行年1.8%~14.6%最高500万円
三井住友銀行年4.0%~14.0%最高800万円

ネットバンクカードローン

銀行金利限度額
住信SBIネット銀行0.99%~14.79%最高1,200万円
楽天銀行1.9%~14.5%最高800万円
ソニー銀行2.5%~13.8%最高800万円
オリックス銀行1.7%~17.8%最高800万円

地方銀行カードローン

銀行金利限度額
静岡銀行4.0%~14.5%最高500万円
横浜銀行1.9%~14.6%最高1,000万円
福岡銀行3.0%~14.5%最高1,000万円
上記以外に有名なのは、りそな銀行カードローンと、イオン銀行カードローンぐらいですかね?

りそな銀行は都市銀行カードローンになるのですが、イオン銀行は分類が正直よく分かりません(笑)イオン内に店舗があるので、ネットバンクではないですし、地銀でもありませんよね…。

この表を作ったのが、2017年6月ですが、改めてスペックを見てみると、各カードローンとも当初より、下限金利(最低金利)と限度額がスペックアップしています。一見、利用者にとってもメリットがあるように思いますが、正直言うと、下限金利と最高限度額は99%の人には関係ない数字なのです。なので、スペックが上がったとしても、どうでも良い数字なんです(笑)

最低金利と最高限度額は無視してもOK!?


なぜなら、銀行カードローンの下限金利(最低金利)を借りるなら、最高限度額での審査に通らなければ適用されません。仮にオリックス銀行で考えると、最低金利の1.7%で借りれる人は、800万円コース(700万円超800万円以下)の審査に通ることが条件なのです。

800万円コースって….。無担保無保証で普通に考えて800万円貸しますか?(笑)800万円と言えば、高級車も買える金額です。よく考えてみてください。自動車ローンの金利ってどれぐらいですか?

大体低くて2%~3%ぐらいになってませんか?自動車ローンは、車を担保に取られてその金利ですよ?カードローンを無担保・無保証で自動車ローンよりも低い金利で借りれると思いますか?

そうなんです..ほとんど借りれるはずが無いのです。もし仮に800万円借りれたとしましょう。しかし、金利は800万円コースで1.7%~4.8%の設定なので、もしかしたら4.8%の金利設定になるかもしれません。

800万円を金利4.8%で借りた場合、1ヶ月(30日間)の利息がどれぐらいか分かりますか?30日計算で315,616円になります。利息だけで31万になりますから、かなり返済は厳しくなるでしょう。

このように、最低金利と最高限度額はカードローンを借りるうえでは期待してはいけない部分なのです。カードローンのスペックが進化して、限度額1,000万円はそこまで珍しくなくなりましたが、そんなに高い限度額は全く必要ないので、気にする必要はありません。

そして、最低金利についても、間違いなく適用されない金利なので、見る必要はありません!見るのは上限金利だけで充分なのです!

低金利で借りたい銀行カードローンならみずほ銀行がおすすめ!

男性解説イラスト銀行で借りたい人の多くは漠然と金利が安いローンだからと考えている人が多いと思いますが、それははっきり言って正解です!

カードローンの種類は、消費者金融、クレジット会社、信販会社、銀行があるのですが、この中で最も金利が低い(安い)のは銀行カードローンになるからです。

なぜ銀行のカードローンは金利が安いのか?それは当たり前のことですが、消費者金融では銀行からお金を借りて貸付をしている部分があるので、銀行への返済を考えた場合、やはり金利がその分高くなってしまうのです。

しかし、銀行は顧客が預入している資金を貸付資金にしていることから、消費者金融よりも3%程度貸出金利が低くなっています。

では、銀行カードローンで一番低金利なのはどこなのか?これは借入する限度額によっても変わってきますが、一般的に最初に借入する金額は限度額50万円以下が最も多くなっています。

カードローンで借入する目的は生活費や小遣いの補填、飲み代や遊び代に充てる人が多く、最初から100万円単位で借りる人は珍しいのです。借りた後には当然返済もありますので、大きな金額を借りた場合、返済ができなくなる不安もあることから、大体の人は50万円以下の限度額で、実際に出金(借入)するのは最初10万円~20万円が多いのです。

そこで限度額50万円以下で借りた場合、銀行カードローンで最も金利が安いのはどこなのか?50万円以下で借りた時、適用されるのは上限金利と考えて間違いありません。なので上限金利を比較すれば、金利が安い銀行カードローンの答えが出てくるのです。

銀行金利
りそな銀行3.5%~12.475%
ソニー銀行2.5%~13.8%
イオン銀行3.8%~13.8%
みずほ銀行年3.0%~14.0%
三井住友銀行4.0%~14.5%
三菱東京UFJ銀行1.8%~14.6%
楽天銀行1.9%~14.5%
住信SBIネット銀行0.99%~14.79%
オリックス銀行1.7%~17.8%
上記の表は有名銀行カードローンの金利一覧表です。上限金利は右側の高い金利になりますので、上の表で一番低いのは、りそな銀行の12.475%、次に、ソニー銀行・イオン銀行の13.8%と続きます。

管理人の個人的な意見を述べさせてもらうと、金利の1%ぐらいは、そこまで大きな違いがありません。50万円借りて場合、金利13.0%と14.0%の30日間の利息の違いは、411円です。2%金利が違うと、822円の差がでますので、比較的大きいと思います。

何を言いたいかと言えば、金利は1%でも安いに越したことはありませんが、1%程度なら、利便性や安心感、会員サービスを重視して選んだ方が良いということです。

それを踏まえて考えた場合、低金利でおすすめするのは、みずほ銀行カードローンです。

上限金利14.0%の低金利で借りれる!みずほ銀行カードローン!

みずほ銀行カードローンLP画像

金利限度額審査時間提携ATM手数料
年3.0%~14.0%最高1,000万円HP参照※無料
低金利な銀行カードローンなら、みずほ銀行カードローンがおすすめです。上限金利が14.0%なので、りそな銀行やソニー銀行、イオン銀行よりも若干高くなっていますが、ソニー銀行・イオン銀行とは0.2%の違いなので、ほぼ変わりません。

りそな銀行とは1%以上離れていますが総合的な評価で言えば、みずほ銀行の方が上です。

みずほ銀行の魅力は14.0%の上限金利にあります。プロミス・アコム・モビットなどの消費者金融で50万円借りた場合、適用される金利は18.0%(プロミスは17.8%)です。みずほ銀行と比べると4%もの金利の差が出ます。

50万円で4%の差は、30日間の利息で換算すると、1,644円にもなるのです。また、みずほ銀行カードローンは、キャッシュカードから借入・返済ができるのも特徴です。

カードローンではローン専用カードを発行しているところが多いのですが、それが原因で借金がバレてしまう人も少なくありません。利用者の心情としてはローン専用カードは誰にも見られたくないはずです。

その点、みずほ銀行であれば、キャッシュカードでカードローンを利用できるので、見られても全く問題ありません(キャッシュカードかローン専用カードのどちらかを選べます)。

みずほ銀行のデメリットとしては、借入条件にみずほ銀行の口座が必要になることです。みずほ銀行口座を持っている人は問題ありませんが、持っていない人は普通預金口座開設の手続きが必要になりますので、多少の時間がかかってしまいます。

逆にみずほ銀行の口座を持っている人は、通帳を手元に用意できれば、限度額200万円以下は書類不要で借りることができ、住宅ローンをみずほ銀行で組んでいる人は0.5%金利引下げのサービスもあります!

口座を持っている人は絶対的におすすめのカードローンですが、持っていない人でも低金利とメガバンクの安心感は、口座開設する価値が充分にあるカードローンと言えます。

みずほ銀行カードローン公式サイト⇒

スピードと手軽さならオリックス銀行カードローン!

オリックス銀行jキャプチャ580

利用限度額金利
100万円未満12.0%~17.8%
100万円以上150万円以下6.0%~14.8%
150万円超300万円以下5.0%~12.8%
300万円超500万円以下4.5%~8.8%
500万円超700万円以下3.5%~5.8%
700万円超800万円以下1.7%~4.8%
銀行カードローンは基本的にその銀行の普通預金口座のを持っていなければ融資を受けられないデメリットがあります。

みずほ銀行やイオン銀行、りそな銀行などがそれに該当し、普通預金口座が無い場合は口座を作らなければならず借入までに時間がかかってしまいます。

喜ぶ男性イラストしかし、銀行口座不要でも借りられる銀行カードローンがオリックス銀行や三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行です。これらのカードローンはその銀行の普通預金口座が無くても借入が可能なので、早く借入したい人にとっては非常に有り難い存在と言えます。

当サイトはオリックス銀行カードローンの審査を詳しく書いているサイトなので、オリックス銀行の詳細はトップページを見て頂ければ詳しく書いてありますので省きますが、正直オリックス銀行の金利は、このページで紹介した他のカードローンよりも高くなっています。

しかし、オリックス銀行カードローンの本当のメリットは金利ではなく、銀行口座不要で借りられる手軽さ、ネットキャッシングとローンカードでの借り入れ両方が可能な便利さにあるのです。

誰でも金利は安い方が良いに決まっているのですが、金利ばかりに捕らわれると他の面のデメリットに気が付かず借入してしまうケースもあります。特に典型的な例は銀行口座の開設です。

銀行は自宅の近くにATMがあったり、昔から預入しているなど、口座を持っているのには何かしらの理由が必ずあります。そしてほとんどの人は2行~3行程度の銀行口座しか持っておらず、逆に多くの銀行口座を持っていてもお金の振り分けが面倒になるだけです。

カードローンを借りるためだけに新たな銀行口座を開設することは、はっきり言って非常に手間になり、口座を作ったとしてもカードローンの返済や借入以外は今更あまり使うことも無いと思われます。

本当に便利な銀行カードローンとはまず、新たな手間が無く、借入したいときに素早く借入できるのが前提であり、そこから金利や限度額を考えていった方が長く利用できるカードローンとなるのではないでしょうか?

青バナー

オリックス銀行カードローン公式サイト⇒

ジャパンネット銀行なら30日間無利息!口座をお持ちの方は郵送物なしで借りれる!

ジャパンネット銀行ネットキャッシング

ご利用限度額金利(%)
1,000万円1.59%
900万円以上1,000万円未満3.0%
800万円以上900万円未満3.5%
700万円以上800万円未満4.0%
600万円以上700万円未満5.0%
500万円以上600万円未満5.5%
400万円以上600万円未満6.0%
300万円以上400万円未満6.5%
250万円以上300万円未満8.0%
200万円以上250万円未満10.0%
150万円以上200万円未満12.0%
100万円以上150万円未満15.0%
100万円未満18.0%
消費者金融では30日間無利息サービスは普通の事ですが、銀行カードローンで無利息サービスを行っているところは限られています。

その中でも知名度があるのが、ジャパンネット銀行ネットキャッシングです。

金利は年1.59%~18.0%となっており、上限金利は消費者金融と同じ18.0%なので高い金利にはなりますが、初めての方は初回「借入日」から30日間無利息がスタートします。

借入日が無利息の起点となるので、契約してから仮に2ヶ月後に借入した場合でも、そこから30日間は一切利息が付きません。

無利息は契約日翌日からが一般的なので、ジャパンネット銀行の無利息は非常に便利と言えます。

また、ジャパンネット銀行の口座を持っている人は自宅への郵送物なしで借りられるのも大きなメリットです。

借入の条件として、ジャパンネット銀行の口座が必要になりますが、口座を持っていなくてもネットキャッシングと口座開設を同時に申し込め、初回に限り他行の銀行口座にも振込してくれます。

銀行カードローンになりますので、即日融資はできませんが、仮審査は最短60分となっており、ある程度の結果は申込当日に分かります(仮審査の後に本審査があります)。

残高不足サポート機能の自動融資もあるので、ジャパンネット銀行口座をメインにしている人にはおすすめとなっています。

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行公式サイトはこちら>>

貸金業者でも低金利!三井住友カードゴールドローン

三井住友カードゴールドローンLP画像

ご利用枠実質年率
290万円以下9.8%
300万円~490万円7.8%
500万円~690万円4.5%
700万円3.5%
三井住友カードゴールドローンは、銀行カードローンでは無く貸金業者(消費者金融やクレジット会社)なのですが、銀行カードローンよりも低金利になりますので入れました。

金利は3.5%~9.8%と、住信SBIネット銀行のプレミアムコースよりも約2%程度上限金利が高くなりますが、それでも10%未満のカードローンはかなり低金利と言えます!

ここも金利が低い分審査は厳しいのと、デメリットの部分として毎月の返済金額が高い設定になっています。返済額は毎月2万円+利息になっており、借入残高が110万円以下は一律2万円です。

110万円以下はすべて返済金額が2万円なので仮に10万円借りても、2万円は最低でも返済しなければならないことになります。消費者金融の場合、10万円なら4,000円~5,000円の返済になりますので、10万円しか借りない人にとっては、返済の負担はかなり大きいでしょう。

しかし、70万円~110万円までなら、2万円の返済は逆に少なくなります。110万円超170万円以下は3万円になりますのでこの金額での返済金額では少ない方です。

三井住友カードゴールドローンは30万円以下の少額利用時は返済金額が大きくなるのですが、それ以上ならばそこまで気にする必要もありません。

また、銀行カードローンではないことから、提携ATM手数料が有料なのもデメリットになりますが、それでも金利9.8%のことを考えれば全然OKと言えるでしょう。

【※重要】
三井住友カードゴールドローンは金利が年3.5%~15.0%に変更になりました。そのため、上限金利9.8%ではなくなり、銀行カードローンより若干高めの年15.0%になっています。

消費者金融に比べるとまだ金利は3%安くなりますが、利便性や会員サービス、契約のしやすさ等を考慮した場合、あまりおすすめではありません。

金利が高くなった分、それほどメリットがなくなったので、三井住友カードゴールドローンに申込するなら、みずほ銀行などの都市銀行カードローンの方が圧倒的おすすめです。

三井住友カードゴールドローン公式サイト⇒

今すぐにでも借りたい人は消費者金融カードローンがおすすめ!

低金利よりも、今すぐ借りたい人・今日中に借りたい人は銀行カードローンよりも消費者金融カードローンをおすすめいたします。

銀行カードローンの場合、保証会社の審査が入ること、そして銀行口座開設が必要な場合がありますので、消費者金融に比べると融資までの時間が遅くなります。

消費者金融の強みは、銀行よりも断然に審査スピード・融資時間が早いことです。特にプロミスとアコムに関しては審査時間は最短30分!最短1時間融資も可能となっています。

そして、消費者金融には自動契約機が多く設置されていますので、WEB申込で審査通過後、自動契約機でカード発行→併設ATMから出金が最も早くお金を借りれるパターンなのです。

もちろん、当日でも振込融資ができますが、平日14時までに振込手続き完了などの条件が決まっていますので、午後に申込した場合、当日振込に間に合わないケースが多々あります。

銀行カードローンであれば、諦めなければなりませんが、消費者金融なら自動契約機が夜21時まで営業していますので、夜に行っても最短30分程度でカード発行され、その場で借りれできるのです。

スピード融資だけでは無く、消費者金融では多くが新規契約時に30日間の無利息サービスがあります。2ヶ月以内しか利用しないなど、短期利用であれば、銀行カードローンで借りるよりも1ヶ月無利息の消費者金融から借りた方が支払う利息は少なくなります!

消費者金融は銀行に比べて確かに金利は高いですが、利用期間次第では、消費者金融の方がおすすめになるのです。

プロミスなら最短30分融資が可能!

実質年率限度額審査時間融資日数
4.5%~17.8%最高500万円最短30分最短即日
プロミスの魅力は、メールアドレス登録とWEB利用明細の登録で30日間無利息になる点です。消費者金融の無利息はプロミス以外にもアコムやアイフルも実施していますが、プロミスは借入日から30日間無利息に対して、アコムやアイフルは契約日から30日間無利息になっています。

言葉だけ見ると同じ意味に思うかもしれませんが、便利さで言えば、プロミスの無利息の方が圧倒的に良心的なのです。

例えば、なにか急な出費があった時の為に、ローンカードだけを作る人は多くいます。カードを作るだけでは年会費は必要なく、借入も0円なので利息も発生しません。しかし、カードを作ることは契約をすることになりますので、アコムの場合、借入が0円でも無利息期間はスタートしてしまい、仮に2ヶ月後にATMから借入をしても、既に無利息期間は終了しているので翌日から利息が発生してしまいます。

プロミスでは、契約日ではなく、「借入日」が無利息の起点となりますので、上記の場合、カードだけ作っておいて2ヶ月後にATMから出金した場合でも、プロミスならそこから30日間無利息が始まるのです。

この違いは大きく、アコムでは契約と同時に借入しなければ最大30日間無利息が適用されませんが、プロミスは自分の都合に合わせて借入しても無利息が適用されます。

自動契約機設置台数も多く、利便性は断トツNo.1でしょう。

プロミス公式サイトはこちら⇒

今すぐ借りたいならアコムへ!消費者金融No.1のスピード審査!

実質年率限度額審査時間融資日数
3.0%~18.0%800万円最短30分最短即日
消費者金融は銀行カードローンと違い、最短即日融資は当たり前になっています。その消費者金融の中でも最速と言われているのがアコムです。

審査時間は最短で30分、自動契約機も※9時~21時まで営業しているため、当日に現金を借りたい人には強い味方です。契約日スタートになりますが、プロミス同様30日間無利息サービスがありますので、短期利用の方なら銀行カードローンよりも低金利で借りることが可能です。

実質年率3.0%~18.0%、限度額800万円のスペックですが他の消費者金融と同じく、限度額100万円未満の借入だと金利は18.0%だと思っておいた方が良いです。最高限度額800万円も審査に通ることはまず無理でしょう(仮に審査に通ったとしても利息が高くて支払い困難になると思われます)。

これはアコムだけではなく、消費者金融全般に言えることです。プロミスの17.8%と比べると若干金利が0.2%高いですが、ほとんど変わらないと思ってOKです。
※アコムの自動契約機は年中無休(年末年始は除く)(一部店舗は異なります)。

アコム公式サイトはこちら⇒

内緒で借りたい人におすすめなのはSMBCモビット!

モビット画像
どんなに低金利で審査が早くても、借入を配偶者や同居の家族に知られてしまったら困る人は多くいると思います。

カードローンの借金がバレる原因は圧倒的に業者からの郵便物です。支払いが遅れて連絡もしなかった為に、自宅に請求書のハガキが届くのは自業自得ですが、そうではなく、契約書類等の郵便物でバレてしまう人が意外に多いのです。

今はWEB契約が主流となっていますので、昔の様に契約書を自宅に郵送することは無くなりました。しかしながら、カードだけは自宅に郵送される場合が多く、特に銀行カードローンは居住確認を兼ねてローンカードを自宅に郵送してきます。

カードは勤務先への郵送も郵便局留めも禁止なので、自宅以外の郵送は認められていません。アイフルの様に配達時間を選べるサービスをしているところもありますが、郵便が送られてくる事自体、不安になってしまうものです。

モビットのWEB完結ではそのような人のために、カード自体を無くし、自宅への郵便物、そして電話連絡を一切無しで借りられるようになりました。

モビットカードをカードレスにすることで、WEB完結なら誰にも知られずに借りることができます。金利や審査時間よりもプライバシー重視で選びたい人は、モビット一択でしょう。

SMBCモビット公式サイトはこちら⇒

レイクALSAはWeb完結でカードレスにも対応!

実質年率限度額審査時間融資日数
4.5%~18.0%最高500万円申込完了画面に最短15秒表示最短即日
専業主婦WEB完結カードレス対応提携ATM手数料
不可有料
※レイクALSAの最短即日融資は、21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

レイクALSAは新生フィナンシャルが貸付するカードローンなので消費者金融になります。初めて契約の方はWEBから申込むと、お借入れ額全額を60日間特典または、お借入額5万円を180日間特典から選ぶことができます(どちらも契約額1~200万円まで)。また、レイクALSAは申込完了画面に最短15秒で審査結果が出るので、他のカードローンの様に審査結果の連絡を待つ必要がありません。

もちろん、消費者金融のメリットである、Web完結ではカードレス対応のため、カード不要にすることで自宅への郵送物は一切なしで借りることができます。

web完結、カードレス対応のレイクALSAはおすすめと言わざるを得ません。

【レイクALSA特典注意点】
※レイクALSAの特典は、初回契約日翌日からとなります。
・特典期間経過後は通常金利適用。
・30日間特典、60日間特典(WEB申込限定)、180日間特典との併用不可。
・60日間特典はWebで申込いただいた方のみ
・ご契約額が1~200万円の方。
・新生フィナンシャルで初めてご契約いただいた方のみが対象。
・ご契約額が200万超えの方は30日特典のみになります。
・Web以外で申込された方は60日間特典を選べません。

レイクALSA公式サイトはこちら⇒


カードローン増額(増枠)の審査って何を調べるの?


【最終更新日付:

カードローンには借入限度額を増やす(上げる)、増枠(増額)があります。例えば、オリックス銀行カードローンで最初限度額50万円で借りた場合、実際に出金したのは30万円だったとしても、限度額が50万円であれば、残り20万円はいつでも引きだし(借入)ができる状態です。

最初は50万円も利用しないと思っていた人でも、カードローンは提携ATMが多く、特にセブン銀行、ローソン銀行、EnetなどのコンビニATMとも提携している為、少しお金が必要だな….と思った場合、気軽に2万円~3万円借入できるのが非常に便利ですよね。

しかし、この便利さが故にいつの間にか借入額が限度額いっぱいになってしまう人も多いのが現実です。限度額が50万円だった場合、借入できるのは当然50万円までですが、それ以上に借入したい場合には、借りているカードローン会社に連絡して、増枠(増額)の審査をしてもらうことになります。

もし、増額審査が通れば限度額が引き上げられます。仮に100万円まで増額がOKとなった場合、借入残高が50万円の人は、残り50万円をまたいつでも追加で借入することができるのです。

増額(増枠)のメリットとしては、新たに新規借入の審査ではなく簡単な審査のため、カードローン増額審査時間としては30分~1時間程度ですぐに結果も出て、尚且つ契約書類も不要ですぐにカードから追加借入ができることです。

増枠はなぜ契約が不要なのか?

疑問の男性イラストカードローンの増枠(増額)は新規契約と違って、契約自体せずにすぐに利用できるのが大きなメリットです。しかし、なぜ契約もせずに限度額が上がる(変更できる)のか?疑問に思いませんか?

実は、カードローンで最初に借りた契約書には、最高限度額が決められており、その中でカードローン会社が限度額をいつでも増額、減額ができることと書いてあるのです。この為、銀行でも審査期間は非常に短くなっているのです。

オリックス銀行カードローンの場合、契約書には下記のように書いてあります。

【オリックス銀行カードローン取引規定 第7条2項】
当社は、いつでも、当社および保証会社による所定の審査により、お客さまのご利用限度額を増額または減額(ご利用限度額をゼロにすることを含みます。)することができます。この場合、当社は、お客さまに対して変更後のご利用限度額を当社所定の方法により通知し、増額変更についてはお客さまがかかる変更を承諾し当社所定の手続を完了した時点で、減額変更についてはかかる通知をお客さまに対して発送または発信した時点で、それぞれ、その効力が生じます。

これを見ても分かる通り、最初に新規契約だけしておけば、利用限度額はオリックス銀行によって自由に変えられることとなっているのです。

その為、もし増額を希望するのであれば、オリックス銀行と保証会社である、オリックス・クレジット(株)または、新生フィナンシャル(株)の審査が通れば、その場で限度額が引き上げられ、すぐにカードから追加借入することができるのです。

新規(最初)の契約の場合だと、申し込みでの住所や会社入力から始まり、審査時間もある程度かかります。そしてWEB上での契約、契約内容の説明、カードの郵送等、いろいろと項目が多いのですが、増額(増枠)の場合は、既に住所や勤務先の職場等は登録済みなので、変更があるか無いかの確認だけされます。(もし住所や勤務先に変更がある場合は、申告しなければなりません。)

カードローンの増枠(増額)審査は何を審査するのか?

カードローン枠の増額審査は主に今までの返済履歴を重点に審査をされます。その為、返済の遅れが多い人は増額審査に通らない可能性が高いでしょう。実際にオリックス銀行増額口コミを見ても、返済遅れが多い人は審査に通らない口コミが多数あります。

男性解説イラスト返済の履歴は約3か月程度~半年程度、カードローンによっては1年程度の履歴が必要な場合もあります。利用期間は長ければ長いほど、信用面では上がるので3ヵ月しか利用していない人よりも1年利用している人の方が増額審査には有利と言えるのです。

もし、借入してから1ヵ月しか経過していない人は、当然返済も1回しかしていないことになります。このような場合はまだ増額での審査は通らず、カードローン限度額変更もできないでしょう。

あくまで返済の履歴がある程度あって、延滞しておらず、信用情報での負債(借金の額)も増えていない人が増額審査に通りやすいと言えます。

カードローン会社では、新規契約の時に、その人に何件借入があって、利用残高の合計がいくらなのか、審査の情報として保管してあります。その時から負債(借金)が増えている人は返済も厳しくなっていることが予想されますので、増額の審査には不利です。

もし、新規契約の時から、負債が横ばいまたは、減少していて、毎月の返済も遅れ無くしている人は増額審査は期待しても良いかもしれません。(最低でも半年程度は利用することが必要です)

毎月の返済金額を多く払っていると増額に有利になる?

お金のアイコン画像
そして、注目して欲しいポイントは、毎月の返済金額を多めに支払している人または、随時返済で毎月数回返済している人です。

これらの人は、カードローン会社から見たとき、返済能力に余裕があると見られる可能性が高いです。仮に毎月最低返済金額が※7,000円だったとして、月に数回返済して1か月の入金額合計が2万円~3万円の人は、たとえ限度額を引き上げて、返済金額がアップしたとしても、支払は可能だろうと見られるのです。(※オリックス銀行カードローンの返済金額のことではありません。ちなみにオリックス銀行では借入限度額が10万円以下の場合、月の返済が3,000円となっています。)

このことから、カードローン増額審査において、最も重要なことは、利用期間と、返済履歴、そして毎月の返済金額と言うことができます。

オリックス銀行カードローンでも当然、増枠(増額)審査においては、上記の項目を注目して見るはずです。常日頃から、返済は遅れない、返済金額も多めに払うことが、いざというときの増額に結びつくことなのです。

オリックス銀行カードローン増額審査に通らなかったら?

審査に落ちた男性イラスト
カードローンで追加借入したい場合、限度額以上借りるなら増額審査を依頼することが1番良い方法なのは間違いありません。カードローンで返済不能になる人は借入件数が多いのが特徴だからです。

仮に50万円を2件、合計100万円借りているより、1件で100万円借りていた方が返済金額的には少なくなります。同じ額の借金をするならば、借入件数をなるべく減らす方が返済の負担は少ないのです。この点から新たに借入申込みするよりも、今借りているカードローンにまずは増額可能か確認することが非常に大事です。

しかし、増額の審査は誰でも審査に通過するわけではありません。融資限度額が増えることは、それだけ審査も厳しくなっていくからです。50万円→70万円の増額の審査と、新たなカードローンの20万円の審査では、20万円の審査の方が通過する可能性は高いのです。

当サイトおすすめはレイクALSA(アルサ)

オリックス銀行増額に断られ、新たにカードローンを申込みする場合に、また断られる可能性が高いところに申込みしても、申込みの手間が増えるだけなのであまりおすすめはできません。

具体的には低金利の住信SBIネット銀行やみずほ銀行などは金利が低い分、審査も厳しいのでオリックス銀行の増額に落ちている場合、審査通過する可能性は低いと見て良いでしょう。

カードローンの審査とは、金利が低いほど審査は厳しくなっていると思って頂いて間違いありません。オリックス銀行の上限金利は17.8%です。そしてレイクALSAの上限金利は18.0%と同じような金利になっています。

金利が高いのは借りるデメリットに確かになるのですが、レイクALSAは金利以外に、初めて契約の方でWEBから申込むと、お借入れ額全額を60日間特典または、お借入額5万円を180特典が選べ(どちらも契約額1~200万円の方)、他の消費者金融よりも格段にサービス内容は良いのです。

それに加えて、レイクALSAは申込完了画面に最短15秒で審査結果が表示され、21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。(※一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。)

レイクALSAは新生フィナンシャル(株)の商品名であり、オリックス銀行の保証会社もオリックス・クレジット(株)か新生フィナンシャル(株)になっています。しかし、レイクALSAの審査とオリックス銀行保証会社の審査は別になります。

レイクALSAはカードレス対応になっていますので、WEB完結でカード不要を選択し、返済を口座振替(口座引落し)にすれば、自宅への郵送は一切なしで借りることができます。オリックス銀行カードローンと同じレベルでおすすめできるカードローンです。

【レイクALSA注意点】
※レイクALSAの特典は、初回契約日翌日からとなります。
・特典期間経過後は通常金利適用。
・30日間特典、60日間特典(WEB申込限定)、180日間特典との併用不可。
・60日間特典はWebで申込いただいた方のみ
・ご契約額が1~200万円の方。
・新生フィナンシャルで初めてご契約いただいた方のみが対象。
・ご契約額が200万超えの方は30日特典のみになります。
・Web以外で申込された方は60日間特典を選べません。

レイクALSA公式サイトはこちら⇒

消費者金融なら断然にプロミスがおすすめ!


消費者金融でおすすめできるのは、プロミスです。消費者金融にはアコムやSMBCモビット、アイフルなどプロミス以外にもありますが、全ての面でクオリティが高いのはプロミスです。

まず、メールアドレスとWEB利用明細の登録によって、30日間の無利息サービスがあります。今はアコムやアイフルでも無利息サービスが商品化となっていますが、アコム・アイフル・レイクALSAの無利息は、契約日からスタートですが、プロミスは借入日から30日間無利息がスタートします。

なので、カードのみ作っておいて、急な入用があった時に借入をしても、その場から30日間無利息が始まります。また、プロミスは消費者金融では唯一、三井住友銀行ATM手数料が無料となっています。

他の消費者金融では提携ATM手数料は必ず取引額が1万円以下の場合110円、1万円を超える場合は220円取られてしまいます。コンビニの銀行ATMを頻繁に利用する人は、ATM手数料の問題は非常に大きなことです。プロミスでは三井住友銀行が終日無料なので、気兼ねなく何度でおも利用でき、さらに三井住友銀行のローン契約機でもプロミスの契約やカード発行も可能となっているのです。

プロミス自動契約機と三井住友銀行ローン契約機を合わせた台数は消費者金融NO.1となっており、ゆうちょ銀行ATMも利用できることから、利便性は最高と言えるでしょう。

プロミスの場合は三井住友銀行やジャパンネット銀行などの24時間振込可能な金融機関で土日祝日でも瞬フリによって24時間キャッシングが受けられます。

これによって、初めて借りる人でも銀行の締め切り時間を気にせずに申込みができるのです。確かに銀行と比べれば金利は高くなりますが、サービス面では銀行よりも満足度が高くなっています。


オリックス銀行カードローン自宅郵送(郵便)物はバレない工夫あり!


【最終更新日付:

自宅への郵送物
様々な点で優れているオリックス銀行カードローン。ネットバンクの中でも人気上位でお勧めなカードローンだというのはこのサイトで今までにも説明してきました。

ただ、そんな優良カードローンにも気になる点があるのは否めません。

ズバリ、ローンカードの自宅郵送。

これが意外と大事なポイントです。

カードローンを利用していると知られたくない人は自宅郵送に注意…

オリックス銀行は店舗を持たないネットバンキングに特化した銀行です。その為、もちろんカードローンもネットを有効活用したものです。

しかし、ローン契約や口座管理はネットで出来て非常に便利なのですが、どうしてもカードの発行は自宅郵送になってしまいます。
これは、オリックス銀行が居住確認も兼ねてそうしているというのがあります。ちなみに、勤務先を送り先に指定してもローンカードは自宅へと届けられるようです。

このとき何が不都合かといえば、カードローンを組んでいることが身内に知られてしまう事でしょう。
店舗のある銀行であればローン契約機まで行って発行という手でローンばれを防げるわけですが、オリックス銀行の場合はここで無店舗の不都合があるわけです。

郵送ローンカード=銀行から送られてきた「何か」としかわからない封筒

しかし、ローン関係の郵送物というのはそんなにも分かりやすい見た目で送られてくるものなのでしょうか?
カードローン契約自体、個人情報の扱いは厳重にされていますし貸付側もそれこそ金融取引はデリケートな問題だと意識しているでしょうから、極端な表現をすれば「利用者が嫌がる」ことをわざわざするとは思えません。

では、オリックス銀行のローンカードはどんな感じで届くのかといえばこんな感じです。

こちらは封筒の表面ですが、どこにもカードやローンなどの文字はありません。只々、ORIX Bank Corporationと記されオリックス銀行が差出人であるという事しか確認できません。後は、普通の郵便物と変わらないように画像ではグレーの小窓になっているところに自分の住所・氏名が入るだけです。


表はどうみても銀行でも裏はローン会社仕様かもしれない。うらめしやおもてはふろや…お化けなんかと違ってローンカードの郵送に化かされるなんてことはありません。もし、そんなことをするような消費者金融や銀行のローンがあったとしたらどう考えても悪質ですからクレームになりかねませんし、サービスとして不自然・不都合です。

裏面にもローンカードと察せられるような情報はありません。オリックス銀行の社名、ロゴイラストと、住所が印刷されているのみです。これで中身がローンカードだと分かる人はきっと金融に詳しい方くらいでしょう。

オリックス銀行カードローンのメリットからすれば、これだけリスクが低い問題点に注視して「カードの自宅郵送は避けられないのは困るから…」というだけで選ばない理由とするのはあまりに勿体ない気がします。
オリックス銀行郵送物一式
ちなみに、封筒の中身に入っているのはこんな感じです。ローンカードの他に、手続き完了のご案内、個人情報の取り扱いに関する規定、預金口座振替依頼書の返信用封筒、利用ガイドが入っています。

手続き完了のご案内に、預金口座振替依頼書が付いていますので、記入して返信用封筒で郵送すれば終了です。

自宅への郵送物は、親と同居している人や、結婚している人はかなり敏感になると思いますが、ネットバンクのオリックス銀行なら、口座開設をしたと言っておけば特に怪しまれることもありません。

消費者金融なら通用しませんが、銀行なら普通に通用しますよね。

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン公式サイトはこちら⇒

 

それでもローンばれが心配な人は郵送物なし!カードレス対応のカードローン

かといって、そもそもカード自体の管理も気を付けなくてはローンがバレるのではないか?

これは確かにそうです。ローンカードそのものも別段クレジットカードやキャッシュカードとは大差ない見た目なのですが、何となくローンカードが手元にある事で不安を常に感じてしまう方には、カードレス対応のカードローン契約をお勧めします。

特にここでお勧めするのは、消費者金融大手のプロミスのカードレスローンです。カードレスとは言葉通り、カードを利用しないという事ですから自宅にローンカードが届くこともなくカードを携帯することもありません

現在は強引な貸付や取り立ては違法とされヤミ金融でもなければそんな実態はありませんが、消費者金融は貸金業法改正前の所謂、借金の取り立てやのようなマイナスイメージが未だに根強く残っているのも事実ですから、あまり借入自体を他人は勿論身内にも知られたくない方は多いでしょう。

プロミスは消費者金融の中で知名度があり為安心感が持てますが、それでも上記の点を踏まえてローン自体を隠したい人のためにカードレスサービスにも力を入れています。

また、プロミスであれば専用のローン契約機でのカード発行もできますから、「カード自体は持ちたいけれど自宅などには郵送してほしくない」という方にももってこいです。

プロミスのカードレスは所謂WEB完結でオリックス銀行のネットバンキングと仕組みは変わりません。ただし、申し込みをする際に「カードなし」と「口座振替による返済」を希望する必要があるので、これらの項目を見逃してしまわないように注意しましょう。(※WEB完結の対象金融機関は200行以上あります。)

カードの郵送の手間がないので手続きなどもスムーズに早く進むのもカードレス契約のメリットです。


セブン銀行カードローン審査がすぐワカル!審査通過のための全知識



セブン銀行カードローンには審査があり、審査に通過しないことには借入ができません

そこで記事では、セブン銀行カードローンの審査通過のために必要な知識を丁重に解説しています。

具体的には次のような項目をお伝えしています。

・審査の申込条件
・審査の難易度
・審査落ちを避けるためのポイント
・審査の流れ

5分くらいでサクッと読めますのでぜひ参考にして、審査を受けるための準備に役立ててください。

【要確認】セブン銀行カードローンの申込条件

はじめに、セブン銀行カードローンの申込条件を確認しておきましょう。

申込条件を満たすことができないと確実に審査に落ちてしまうからです。

そのため、以下の条件をすべて満たすことができるかチェックしておく必要があります。

・セブン銀行口座を持っていること
・契約時の年齢が満20歳以上満70歳未満であること
・一定の審査基準を満たし、保証会社(アコム株式会社)の保証を受けられること
・外国籍の方は永住者であること

セブン銀行カードローンを利用するためには、「セブン銀行口座」が必要です。

ただし、口座はカードローンの申し込みと同時に解説可能ですので、今はなくても問題ありません。

「一定の審査基準」と「保証会社」については、別の章で後述していますのでそちらをお読みください。

その他の申込条件については説明不要かと思います。

セブン銀行カードローンの審査は甘くないけど高難易でもない

セブン銀行カードローンの審査難易度は甘くはありませんが、高難易度というわけでもないため、必要以上に不安になることはありません。

その理由は次の3つです。

・申込条件がやさしい
・金利が低くない
・パートやアルバイトの人でも通過できている

詳しくは次章よりお伝えしていきます。

申込条件がやさしい

カードローンの審査難易度は申込条件が厳しいほど上がる傾向があります。

例えば、年収や勤続年数などの条件があるカードローンほど、審査が厳しいのです。

しかし、セブン銀行カードローンの申込条件には年収や勤続年数などがなく、申込条件をクリアするための敷居が低いです。

そのため、審査の難易度も高くないと予想ができるんですね。

金利が低くない

銀行カードローンからお金借りるときの審査難易度は金利が低いほど上がっていきます。

しかし、セブン銀行カードローンの金利は「年15.0%」であり、銀行カードローンとしては若干高めです。

そうしたことから、審査の難易度も高くないと予想可能なのです。

パートやアルバイトの人でも通過できている

セブン銀行カードローンの口コミを確認すると、パートやアルバイトの人でも通過できている人が沢山います。

審査の厳しいカードローンであれば、パートやアルバイトだと審査落ちになるケースが多いですが、セブン銀行カードローンはそうではありません。

よって、審査もそこまで難易度が高いものではない可能性が高いのです。

セブン銀行カードローンで審査落ちを避けるためのポイント6つ

ここからは、セブン銀行カードローンで審査落ちを避けるためのポイントをお伝えしていきます。

【セブン銀行カードローンで審査落ちを避けるためのポイント】
・毎月収入を得る
・信用情報にキズを残さない
・他社借入が多すぎない
・アコムで返済トラブルを起こさない
・多重申込しない
・虚偽申告しない

セブン銀行カードローンの審査では上記6つのポイントが非常に重要であるため、次章で詳細をしっかり確認しておいてください。

毎月収入を得る

セブン銀行カードローンに限らず融資の審査では、毎月収入があることが非常に重視されます。

毎月収入がないと、月によっては返済してもらえないことがあるからです。

アルバイトやパートでも構いませんので、毎月収入がある状態で申し込みしてください。

信用情報にキズを残さない

セブン銀行カードローンの審査では「信用情報」のチェックがあります。

信用情報とは、ローンやクレジットカードの利用記録です。
例えば、契約内容や返済記録などのことですね。

ローンやクレジットカードの返済を延滞してしまうと、以下のような記録が残ってしまいます。

・延滞記録
・金融事故

これらを信用情報の「キズ」と呼び、キズがあると審査でネガティブな影響がでます。

とくに金融事故は「ブラックリスト」のことですので、記録があるとほぼ審査に通りません。

そのため、ローンやクレジットカードの返済日は必ず守るようにしましょう。

携帯電話本体の分割払いや奨学金の延滞もNG

「携帯電話本体の分割払い」や「奨学金」を利用している人は、この2つの延滞にも気をつけてください。

携帯電話本体の分割払いはローン扱いですので、返済記録が信用情報に残ります。

奨学金の返済記録は信用情報に残らないのですが、3ヶ月以上延滞した場合は金融事故として、信用情報に記録されてしまうのです。

他社借入が多すぎない

次のような他社借入がある場合は金額と件数が多すぎないようにしましょう。

・カードローン・キャシング
・フリーローン
・クレジットカードのキャッシング枠

他社借入の金額と件数が多い人ほど毎月の返済負担が大きくなるため、「これ以上融資すると返済できなくなるかもしれない」と警戒され、審査に通りづらくなります。

もし、他社借入がある場合は金額と件数をできる限り減らしてから、セブン銀行カードローンに申し込みをするのがおすすめです。

アコムで返済トラブルを起こさない

大手消費者金融の「アコム」を利用中の人は、返済トラブルを起こしてはいけません。

セブン銀行カードローンの審査の大部分は「アコム株式会社」がおこなうからです。

アコムで返済トラブルを起こすと、アコムのブラックリスト的なものに記録が残ってしまい、審査落ちの原因になる可能性があります。

また同様の理由で、アコムが「保証会社(保証人の役割をする会社)」になっている、次のような銀行カードローンでも、返済トラブルを起こしてはいけません。

・auじぶん銀行 じぶんローン
・三菱UFJ銀行カードローン バンクイック
・ソニー銀行カードローン

多重申込しない

審査に落ちたときの保険に多重申込する人がいますが止めておきましょう。

「申し込みブラック」という状態になり、審査落ちの原因になることがあるからです。

多重申込する人の中には「かなりお金に困窮している人」や「不正目的の人」も多いため、警戒されて審査に落とされてしまうことがあるのです。

申し込みは、セブン銀行カードローン1社にしておきましょう。

虚偽申告しない

申込時の年収や勤務先などの情報は「虚偽申告」しないようにしてください。

セブン銀行は虚偽申告への対策をしているため通用しませんし、虚偽申告がバレた場合は審査落ちになる可能性が高いです。

また、意図的に嘘をついたつもりではなくても、情報が間違っていると虚偽申告と判断されてしまうケースもあり得ます。

申込情報は間違いないように申告しないといけません。

セブン銀行カードローンの審査の流れ

この章では、セブン銀行カードローンの審査の流れをお伝えしていきます。

審査の流れはセブン銀行の口座のありorなしによって違いますので、それぞれに分けて解説していきますね。

口座ありの場合

1.セブン銀行カードローンの公式サイト「口座をお持ちの方はこちら」を選択
2.「ダイレクトバンキングサービス」にログイン
3.本人確認書類の提出
4.メールで審査結果の通知
5.契約完了&利用開始

口座をお持ちの場合は最低限の情報入力で済みます。

本人確認書類として有効なのは以下のような書類です。

・運転免許証
・パスポート
・健康保険証
・マイナンバーカード

審査は最短2~3営業日となり、結果はメールで通知されます。

あとは契約をすれば、セブン銀行のキャッシャカードをを使って「セブン銀行ATM」から、もしくは「ダイレクトバンキングサービス」ですぐに借入可能です。

口座なしの場合

1.セブン銀行カードローンの公式サイト「口座をお持ちでない方はこちら」を選択
2.口座開設とローンサービスに同時申込
3.本人確認書類の提出
4.メールで審査結果の通知
5.キャッシュカードの受取

口座なしの場合はローンサービスの申し込みだけでなく、「セブン銀行口座」を同時開設する必要があります。

審査時間やの流れなどは口座なしと大きな違いはありませんが、借入はキャッシュカードが届いてからになりますので、早くても1週間程度はかかってしまうかと思います。

口座開設なしで銀行カードローンを借りたい人は、オリックス銀行カードローンがおすすめになります。

口座開設不要でネットから手続きができます。

セブン銀行カードローンの審査のよくある質問に回答

ここからは、セブン銀行カードローンの審査のよくある質問に回答しています。

審査についての疑問や不安を解決するのに役立ててもらえば幸いです。

在籍確認の電話はある?

在籍確認の電話については、セブン銀行カードローンの公式サイトに次のような記載があります。

ローンサービスの審査において、原則としてご登録の電話番号、及び勤務先へご連絡することはありません。審査結果につきましてはメールでお知らせいたします。
引用元:セブン銀行「よくある質問」

このため、勤務先に電話がかかってくることはないかと思います。

審査時間はどれくらい?

セブン銀行カードローンの公式サイトによると、審査時間は最短2営業日とあります。

ただし、2営業日はあくまで最短で終わった場合ですので、状況によってはもっとかかることもあると覚えておきましょう。

審査結果が来ないときの原因と対処法は?

審査結果が来ないときは以下のような原因が考えられます。

・申し込みが殺到している
・審査結果は通知されているが迷惑メール扱いになっている
・土日祝日に申し込みして審査開始が遅れている

とりあえず1週間程度は様子を見てみましょう。

それでも審査結果が来ないときは以下に問い合わせてみてください。

【テレホンセンター】
営業時間:平日10時~19時
セブン銀行口座をお持ちの人:0088-21-1189
セブン銀行口座がない人:0120-77-1179

審査通過後のいつから使える?

セブン銀行の口座ありの人なら審査通過後にすぐ使えます。

セブン銀行の口座がない人はキャッシュカードが届いてからになります。

土日祝日でも審査してくれるの?

セブン銀行カードローンは土日祝日でも審査をしてくれます。

ただし、以下のように平日よりも時間が短いので注意です。

【審査対応時間】
平日:9時~20時30分
土日祝日:9時~15時30分

セブン銀行カードローンは専業主婦でも審査に通る?

配偶者に安定収入があれば、専業主婦でも審査に通る可能性はあります。

なお、配偶者の同意や婚姻関係の証明書などは必要ありません。

セブン銀行カードローンまとめ

セブン銀行カードローンの審査は高難易度というわけではないため、過度な心配は不要です。

今回お伝えした内容を理解しておけば、審査に通過するのは決して難しくありません。

審査を受ける準備が十分整ったと感じたのであれば、思い切って申し込みしてみましょう。


カードローンの在籍確認の電話はなしにできる?大手5社に聞いてみた!


カードローン在籍確認なしにできるか?大手5社に聞いてみた
カードローンの在籍確認の電話は勤務先に電話があるため、多くの人が不安になるようです。

確かにカードローンは決して良いイメージではないため、「他人にバレてしまったら恥ずかしいかも・・」という思いがあるのも無理もありません。

そこで、大手消費者金融5社に「在籍確認の電話はなしは可能なのか?」と問い合わせてみました。

果たして、在籍確認の電話はなしにできるのでしょうか?

カードローンの在籍確認の電話なしは可能か?大手5社の回答

大手消費者金融5社に「在籍確認の電話なしは可能か?」と聞いてみたところ、次のような結果になりました。

カードローン名在籍確認の電話なしについて
SMBCモビット可能
アコム相談可能
アイフル相談可能
プロミス相談可能
レイクALSA原則不可

まず、「SMBCモビット」に関しては「WEB完結」という申込方法があり、この申込方法であれば、「勤め先を確認できる書類」を提出できれば、原則在籍確認の電話はしないとのことです。

「アコム」・「アイフル」・「プロミス」に関しては、申込後に電話で相談すれば、書類提出での在籍確認を検討すると回答をもらいました。

レイクアルサ審査に関しては電話で在籍確認をするのが基本なようです。

ただし、土日は例外的に書類で在籍確認に対応するケースもあるとのことです。

書類での在籍確認は「勤め先を確認できる書類」が必要

書類で在籍確認をしてもらうには、次のような「勤め先を確認できる書類」の提出が必要です。

・社会保険証
・社員証
・給与明細
・源泉徴収票
・雇用契約書

つまり、勤め先の会社名と氏名が確認できる書類ですね。

どのような書類が必要になるかは各社によってことなってきますので、書類提出での在籍確認を相談する際に確認しておきましょう。

書類での在籍確認をOKしてもらいやすいのはこんな人

書類での在籍確認は多くの場合、特例措置であるため、100%OKしてくれるわけではありません。

カードローン会社側の判断で断られてしまうケースもあるのです。

どのような基準でOKかNGになるかは各社によって違い、問い合わせても教えてくれないため、正確にはわかりません。

しかし、「審査で良い結果がでた人ほどOKになりやすい」と言われているため、次のような人ほど有利です。

・属性スコアが高い
・他社の借入額や借入件数が少ない
・信用情報が綺麗

それではそれぞれの項目について確認していきましょう。

属性スコアが高い

カードローンは「属性スコア」という審査方法を採用しているのが一般的です。

属性スコアとは、申込者の個人情報を「属性」と呼び、属性をスコア化(点数化)する審査方法です。

どのような属性をスコア化するかは各社によって違いますが、次のような項目はどの会社もスコア化の対象にするとされています。

・年収
・年齢
・勤務先
・雇用形態
・勤続年数
・家賃や住宅ローンの負担額
・家族構成
・居住形態

この属性スコアが高い人ほど、返済能力が高いと判断してもらいやすいため、審査結果も有利になります。

他社の借入額や借入件数が少ない

他社の借入額や借入件数が少ないは、「返済に使えるお金が多い」と見てもらいやすいです。

返済に使えるお金が多い人ほど、延滞や貸倒れの危険が少なくなるため、審査に有利となります。

信用情報が綺麗

カードローンの審査では「信用情報」が非常に重視されるため、信用情報が綺麗な人ほど審査に大きくプラスになります。

信用情報が綺麗な人というのは、「延滞記録」が一切ない人のことです。

つまり、信用情報に返済記録が残るクレッジトカードやローンなどの返済期日を守っている人ですね。

書類での在籍確認ならSMBCモビットの「WEB完結」が一番おすすめ

ここまでお伝えしたように、大手消費者金融なら在籍確認を書類提出にできる可能性があります。

そんな大手消費者金融の中でも、SMBCモビットの「WEB完結」は公式に在籍確認の電話をしないとしている唯一のサービスです。

WEB完結の場合、在籍確認は「社会保険証」か「組合保険証」を提出すればOKです。

また、WEB完結の連絡はすべてメールになるため、在籍確認の電話だけでなく、電話そのものがありません。

カードレスで利用でき、郵送物も発生しないため、他人バレが気になる人には最適なサービスです。

以下の条件を満たせる人であれば、WEB完結の利用が可能ですので検討してみてください。

・三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの口座がある
・全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)か組合保険証を持っている

無利息サービスを活用したいなら「アコム」・「アイフル」・「プロミス」も良い

「アコム」・「アイフル」・「プロミス」はSMBCモビットのように、公式に在籍確認を書類提出にできるサービスはありません。

しかし、SMBCモビットにはない「無利息サービス」という強みがあります。

カードローン名無利息期間
アコム契約日の翌日から30日間
アイフル契約日の翌日から30日間
プロミス借入日の翌日から30日間

このため、無利息サービス中は利息発生しません。

無利息サービス中に完済できれば、利息0円で借入できるため、「数万円程度の少額を借入したい。返済は給料日に一括にする予定」というような人にはこの3社もおすすめです。

セブン銀行の口座があるなら「セブン銀行カードローン」も検討

セブン銀行の口座があるなら、「セブン銀行カードローン」を選択肢に入れても良いでしょう。

セブン銀行カードローンは「在籍確認の電話は原則しない」と公式サイトに記載しています。
(出典:セブン銀行「よくある質問」

「場合によっては連絡する」と記載があるため、勤務先に絶対電話がかかってこないというわけではありません。

それでも、原則はなしと記載があるため、在籍確認の電話がない可能性が高いです。

ただし、セブン銀行カードローンを利用するには「セブン銀行の口座開設」が必要です。

返済もセブン銀行の口座からの引落しになるため、普段からセブン銀行の口座を利用しない人には少々使いづらいかもしれません。

このため、セブン銀行カードローンはセブン銀行の口座を利用中の人におすすめします。

在籍確認なしカードローンまとめ

大手消費者金融5社の場合、次の4社なら在籍確認の電話をなしにできる可能性があります。

・SMBCモビット
・アコム
・アイフル
・プロミス

とくにSMBCモビットは「WEB完結」というサービスがあり、書類での在籍確認を公式に認めています。

アコム・アイフル・プロミスの3社も相談すれば、書類での在籍確認に応じてくれるケースがあると回答をもらいました。

書類で在籍確認をする際は、社会保険証や社員証、給与明細などの「勤務先を確認できる書類」を提出します。

上記のような書類が用意できるなら、在籍確認の電話はなしにできる可能性があるため、電話が不安な人は、大手消費者金融4社が最適です。


カードローンの利用における会員規約・利用者の義務とは?


カードローンの契約を結んだら、「会員規約」を守らなければなりませんが、熟読している人がほとんどいないのが実状です。

会員規約における利用者にとって重要な点としては以下のことなどがあります。

「カードの所有権は当社に属するものとします」、「カードは会員本人以外使用することはできません。また、他人に譲渡または貸与することはできません」、「規約に違反してカードを他人に使用された場合の損害は会員の負担となります」

男性指さしイラストカードは業者から借りているだけであり、勝手に他人(家族含む)に貸すことはできません。規約に違反したことで受けた損害は自己負担になります。

これは当たり前のことです。カードを貸す=お金を引き出されることになりますので、後々トラブルに発展します。

もし仮にカードを渡して勝手に引き出し(借入)された場合、もちろんカードを貸した本人の責任になりますので、他の人が使ったとしても支払い責任は本人にあります。(故意に貸した場合。)

最近は、アルバイト融資詐欺という名義貸しを利用した卑劣な違法行為もあるので、間違っても自身で利用する以外の目的でローン契約、いわゆる金銭消費貸借契約はしないようにしましょう。

カードローンの期限の利益喪失条項は必ず目を通しましょう!

「会員が次のいずれかに該当する場合は債務について期限の利益を失い、残債務全額をただちに支払うものとします」、「住所、勤務先変更の届出を怠るなど、会員の責めに帰すべき事由によって当社に会員の所在が不明となったとき」、「支払期日に弁済金の支払を遅滞し、当社から20日以上の相当な期間を定めてその支払を書面で催告されたにもかかわらず、その期間内に支払わなかったとき」、「差押や仮処分の申立を受けた時、破産申立または民事再生の申立があったとき」、「当社との取引を継続することが不適切であると当社が判断したとき」

借入金の返済を一定期間以上行わない時、または、行えなくなった時は分割払いという期限の利益が消滅し、借入残高を一括で返済しなければならなくなります

カードローンの契約で期限の利益喪失条項は重要な部分になります。

この例の場合は、支払期日に弁済金の支払を遅滞し、当社から20日以上の相当な期間を定めてその支払を書面で催告されたにもかかわらず、その期間内に支払わなかったときに期限の利益を喪失すると書いてありますが、昔の消費者金融の場合、1日でも延滞したら期限の利益を喪失すると多くの会社が書いてありました。

期限の利益
貸付側との契約で決められた期限(返済日)まで、借り入れ側が返済をしなくても良いとされる権利。

期限の利益の喪失
民法第137条に基づいて、借り入れ側の返済が滞った場合に契約解約まで本来あるはずの利益(返済までの猶予)を失うこと。貸付側は、期限の利益喪失後から借り入れ側に元金と利息を一括請求することが出来る。

 

実際に1日遅れただけで一括請求されることはありませんが、期限の利益喪失は延滞金が発生する重要な起点となりますので、裁判等まで発展することを考えた場合、業者としては1日遅れた時点で期限の利益を喪失すると契約書に記載していた方が都合が良いのです。

面白いことに、過払い返還請求の時にはこれが逆転します。

過払い返還請求は立場が逆転するのですが、期限の利益を早めに喪失した方が逆に返還利息が増えるパターンもあるのです。

この場合業者は1日延滞していたとしても、一括請求を行っていないことから期限の利益は喪失していないと主張します。

立場によって変わってくるのですが、それだけ「期限の利益の喪失」というのはカードローンにとってとても重要なことなのです。

信用低下したと見なされた場合はカードの利用を止められます

「当社は会員が次のいずれかに該当する場合には、会員に通知することなくカードの利用を停止し、会員資格を喪失させることができるものとします」、「申込書の記載事項等について、会員が当社に虚偽の申告をしたことが判明したとき」、「会員が本規約に違反したとき」、「会員の信用状況に重大な変化が生じたとき、またはカードの利用状況が適当でないと当社が判断したとき」、「当社との取引を継続することが不適切であると当社が判断したとき」

カードローンの契約の時に虚偽の申告をした時や、他社の返済金を延滞している時、借入金が不適切に増した時などはカードの利用が停止されたり、契約を解除されたりします

カードローンの会員規約の最も注意が必要なのは、この部分です。

この条項では、カードローン会社のさじ加減によって、いつでもカード利用を停止することができると定めています。

特に、会員の信用状況に重大な変化が生じたとき、またはカードの利用状況が適切ではないと当社が判断したとき。

これは、例えば勤務先が変わった場合や、住所を変更したのに報告しなかった場合(郵便物が転居先不明で戻ってきたなど)も該当する可能性があるのです。

一般的に会社や住所が変わった場合、郵便局ぐらいしか転居したことを報告しないと思いますが、カードローン会社は無担保・無保証の信用貸しなので、会社や住所の変更は絶対的に知りたい情報なのです。

もし、自宅に郵送した手紙が転居先不明で戻ってきた場合、住所不明になってしまうので、カードの利用を止められる可能性が高くなります。

きちんと引っ越ししたら電話や会員専用サイトから住所変更の手続きをすることが大切です。

加えて、登録している携帯電話や自宅固定電話の番号などの連絡先も変更があった場合はなるべく早く変更をしましょう。

口コミなどでよく見かける、急に追加での借り入れが出来なくなった、限度額が下がった…というものの原因の大半は、申し込み時とは個人情報に変更があったのにローン利用者がそれを申告しなかったことによるものです。

極端な話が、利用者に連絡がつかない=貸し倒れリスクというようにみなされる為に追加融資が受けられなくなったりするのです。

また、会社に関しては、変更したことは伝えても問題ありませんが、無職になった場合は正直言わない方が良いかもしれません。なぜなら会社を退職して今現在無職(求職中)と連絡したら、即カードは利用停止になります。

これは言わずとも分かりますが、無職で無収入の人にお金を貸す人などいません。

会社が決まって働きだぜばまたカード利用ができる可能性はありますが、無職とカードローン会社が知った時点で利用は停止されると思っておいてください。

ローン契約はどこの金融機関でするにしても、安定した収入があることが利用条件として大前提です。

「会員は当社の都合により、当社が本規約に基づく債権を他の金融機関等に譲渡することを承諾します」

借入金の返済状況によっては、業者は貸付債権を回収専門業者に売却することがあります。その場合、利用者は回収専門業者に返済をすることになります。

遅延損害金の計算方法は遅れた日数分だけの計算です!

「約定返済金額の支払を遅滞したとき等期限の利益を喪失したときは、当社所定の遅延損害金を支払うものとします」

返済が遅れると返済額の他に、遅延損害金を支払わなければなりません。支払いが遅れる人の言い訳に、遅延損害金を払うから遅れてもいいだろ!と言うケースがあるのですが、これは間違いです。

確かに、借り入れ側に期限の利益があるうちは、貸付側もその権利を借り入れ側に認める事で、金利(利息)という形の利益を得られるWin-Winの関係が正常に成り立っているといえます。

しかし、借り入れ側が返済を滞らせた時点で、期限の利益の喪失と共に本来の金利とは別に、貸付側に不利益をもたらした罰金として遅延損害金がかかってくるのです。

遅延損害金は支払いがされるまでの損害利息であって、これを払ったからと言って支払いを延滞しても良いとは契約書には書いてありません。

ちなみに、遅延損害金はほとんどのカードローンでは年20%となっています。

年20%と聞くと非常に高いように感じますが、カードローンの利息は日割り計算なので、支払いが遅れていなくても100万円未満ならプロミスは17.8%、アコムやSMBCモビットは18%の利息が計算されます。

仮に10日間延滞した場合、遅れた10日間だけは18%ではなく、20%計算になると言う意味です。

遅れなくても18%の利息は取られるので、2%だけ延滞利息として高くなるという意味になります。

最初から利用日数が全て20%計算になる訳ではないので、勘違いしないようにしましょう。

時に、返済の遅れが数日の場合は遅延、2ヶ月以上は延滞というように厳密には遅延と延滞は程度で区別されていますが、どちらの場合も信用情報に記録されるのは変わりません。

ただし、延滞の方は金融事故扱いになる可能性が高いので、延滞後のローン契約や増枠申請はまず審査に通らなくなります。

延滞など返済に関わる信用情報の保管期間は最高5年ですから、その間の新規契約、増枠が出来なくなります。


オリックス銀行カードローン審査に落ちたらどこがいい?



オリックス銀行カードローンの審査は、まず保証会社のオリックス・クレジット(株)の保証審査に通ってから、オリックス銀行の審査にも通らなければなりません。

今は、新生フィナンシャル(株)の保証でもOKとなっていますので、オリックス・クレジット(株)または、新生フィナンシャル(株)のどちらかの審査に通れば保証会社は付きます。

銀行カードローンの保証会社は通常1社のみですが、オリックス銀行の保証会社は2社ついていることによって、1社のみの銀行カードローン審査よりも有利になっていると言えます。

保証会社の役割は、銀行カードローンでは保証会社が付くことによって、問題発生時は保証会社からの弁済がありますので、安心して融資することができます。

その為、オリックス銀行カードローンの審査でもどちらかの保証会社の審査が通れば、借りられる可能性は高いと思っていただいて良いでしょう。

しかしながら、保証会社の審査もそうですし、オリックス銀行本体の審査に通らない人もいるため、カード審査に落ちる人も当然いるのです。

仮にオリックス銀行カードローンの審査に落ちたら次に申し込みするカードローンはどこがいいのでしょうか?

オリックス銀行審査に落ちたら消費者金融がいい?

もし、オリックス銀行カードローンの審査に落ちたらどうすれば良いのか?他のカードローンに申込みするならどこがいいのか?

これは、あなた自身の勤続年数や会社規模、年収によって変わってきますが、一般的に銀行カードローンで借りられなかった場合、もう1社の銀行カードローンへ申込みするか、消費者金融へ申込みするのか選択が分かれるところです。

オリックス銀行は上限金利が17.8%となっているので、審査自体はそこまで厳しくはないでしょう。

消費者金融でも上限金利は18%近くになっており、オリックス銀行と消費者金融では最高金利はあまり変わりません。

唯一変わるとしたら、オリックス銀行には保証会社がついていることによって、消費者金融よりも審査のハードルが高くなっているのです。

オリックス銀行審査に落ちたら、次に申し込みするのは消費者金融がおすすめです。では消費者金融はどこがいいのか?消費者金融で選ぶならばやはり大手にするべきです。

消費者金融には中堅消費者金融と大手消費者金融、中小消費者金融などに分かれます。

金利は上限金利が18%近いので、大手も中堅もあまり金利が変わらないのですが、実際に利用した場合、圧倒的に大手の方が会員サービスや提携ATMが充実しており、当然接客対応の質も高いです。

例えば、大手の消費者金融の場合、コンビニにある銀行ATM(セブン銀行やローソン、Enet)はほとんどが利用可能です。

しかし、中堅以下の消費者金融の場合、コンビニATMと提携しているのはほとんど無く、支払いは振込やインターネットバンキングのみになっています。

中小の消費者金融になると、返済が自社のATMや銀行振込のみになっている場合もあり、銀行振込ならば振込手数料も負担するケースもあるほどです。

いくら金利が同じだとしても、それらの利便性を考えたとき、大手以外の消費者金融に申し込みするメリットは無いと言っても良いでしょう。

大手消費者金融では審査が通らない人ならば、中堅や中小消費者金融へ申し込みする選択肢は有りなのですが、そこまで審査に不安が無い人は、大手のプロミスやアコム、SMBCモビットへ申し込みするべきたと言えます。

オリックス銀行審査に落ちた場合消費者金融の審査は通るのか?

オリックス銀行カードローンは貸金業法ではなく銀行法の適用となっています。

しかし、消費者金融は総量規制があり、年収3分の1以上借りることができないのが事実です。

だからと言って、消費者金融の審査は銀行よりも厳しい訳ではありません。仮に年収3分の1以上借入がある人は、消費者金融でも銀行カードローンでも審査に通ることは難しいでしょう。

おまとめローンや借り換えローンの審査は別ですが、フリーローンで申し込みした場合、年収に対する負債の割合が3割を超えているのであれば、どこのカードローンでも審査には通らない可能性が高いのです。

あくまで審査の厳しさは、銀行カードローンの方が保証会社の関係もあって厳しいので、銀行の審査に落ちたからと言って、消費者金融の審査にも落ちるわけではないのです。

ただ、注意点としては、あまりにも申込みしすぎると信用情報に申込み登録がされますので同日に申込みするなら3件までにしておいた方が無難です。

管理人がおすすめする、申込みコースは、オリックス銀行→プロミス→アコムとなります。プロミスとアコムどちらも最短1時間融資が可能になっていますので、結果次第でもまだ充分即日融資が間に合います。

そして、ジャパンネット銀行口座が開設済みなら、プロミスへ申し込むのがおすすめです。

プロミスの借り入れ(WEB完結)でもジャパンネット銀行口座は利用できるので、もし「わざわざ口座開設までしたのに…」という方は落胆せずに済みます。

プロミスで契約した場合、三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、全国約200の金融機関での振り込みが原則24時間365日最短10秒(瞬フリ)という速さでしてもらえるので、口座を開設するのにかけた時間が無駄にはなりません。

アコムでもジャパンネット銀行口座が使えないわけではありませんが、アコムで一番振り込み融資を早く(最短1分で)してもらうには楽天銀行口座が必要となっています。

それ以外の銀行やゆうちょ銀行の口座でも振り込み融資対応していますが、借り入れが早く出来る時間が限られてきます。

カードローンの審査に一発で通る方もいれば、そうでない方もいる事でしょう。
第一希望の借入先が万が一審査落ちだった場合も考えて、第二希望も吟味しておくと良いと思います。

審査に何度も落ちる場合申し込みは控える!

時に、カードローン審査に1社、2社と立て続けに落ちてしまった場合、そのあとの新規借り入れ申し込みは当分控えた方が良いといえます。

それは、何度も短い期間に申し込みをして審査に落ちることで、申し込みにより異動情報が付いてしまう事があるからです。

1カ月のうち、2社カードローン申し込みをして、両方とも審査落ちしてしまったら、それ以上は6カ月後に申し込みをするのが良いです。

というのは、借り入れの申し込み履歴は信用情報に6カ月間保管され、カードローン審査の際にはそれらも貸付側に照会されるからです。

つまり、申し込みの度、審査落ちしているというのが知られてしまうため、前の申し込み履歴が新たな契約審査に影響を与えてしまいます。

その為、第2候補のカードローン審査に落ちた場合は、なるべく6カ月以上間をおいて新たに申し込みをするのが良いでしょう。

すぐにお金が必要なのに、それでは困る!と思う方もいるかもしれませんが、2社カードローン審査に落ちるという事は、明らかに何か信用情報や申請した個人情報に問題があります。

信用情報にキズがある場合は、短期でそのキズを除くことは難しいですから、6カ月の間に借り入れが嵩んでいるなら残高を減らす、延滞をしているならとにかく返済を滞りなく行うなど状況に合わせて、借り入れ状況を改善させましょう。

個人情報に問題があるというのは、申し込み情報が正確ではないという事です。

例えば、電話番号を間違えた、住所を間違えたなどのケアレスミスから、意図的な虚偽情報での申し込みにより審査に落ちることもあります。

この場合は、自身の情報なので正確に把握するという事を徹底するしかありません。

加えて、実際はそうではないのに、申し込み情報を審査に通過したいがために偽るのは無意味なのでやめましょう。

月並みですが、嘘は必ずバレます。

金融機関も営業の過程で、様々な顧客に貸付をしてきており、膨大なデータを保持しているので、年収や職業などの属性の嘘は見抜いてしまいます。

何としてもカード-ローン審査に通らなくてはいけない!と思っても、信用情報や属性が基準を満たしていないうちに何度申し込みをしたところで、結果は同じです。

徒に、手当たり次第申し込むのも、ましてや嘘の情報で申し込むのも、結果の伴う行為ではない事は肝に銘じましょう。


コンビニATM手数料とカードローン利用で見落としがちな点


カードローンを利用したことの無い人が初めてコンビニATMから出金する時というのは緊張するものですが、銀行預金の引き出しと大して変わりはないので、実際にやってみると簡単にできます。

まず、ATMにカードを差し込むと、カードローンの契約をした金融機関の画面が表示されます。「お引出し」・「お預け入れ」・「残高照会」のボタンがあるので、「お引出し」を選びます。

次に、暗証番号(申込時に登録した4ケタの数字)、借入金額の順に入力すれば、現金が出てきます。同時に利用明細票が発行され、カードが返却されます。

利用明細書にはどこのATMを使用しても必ず、「借入残高」・「借入可能額」・「次回返済期日」・「次回返済金額」の4つが記載されており、コンビニATMの利用手数料はカードローンによって無料のものと有料のもの、また、コンビニによって有料になるコンビニと無料のコンビニがあるので、カードローンに申し込む前によく調べておくことが賢明です。

コンビニATM手数料を払うなら手数料無料のカードローンで借りた方がお得?

男性解説イラスト実は、このコンビニATMの利用手数料の無料というのはバカになりません。

例えば、日曜日に急に2万円が必要になり、預金を下ろすことにした場合、休日だと銀行ATMを利用しても手数料が108円掛かります

自分の預けてあるお金をおろすのでも、提携のコンビニATMでは手数料がかかってしまうのです。

仮に給料日が10日後だった場合、カードローンから15%の金利で2万円を借りて10日後に返済すると、利息は82円です。

コンビニATMの手数料が無料だと、預金を下ろすよりカードローンからお金を借りた方が得になるのです。

さらに、有料ATMを何回も利用していると、カードローンの利息よりも高くつくことがあります。

ちなみに、家族にカードローンの利用を知られたくない場合はATMを利用した方が得策です。

最近は利用明細書を郵送しないようにできるカードローンが出てきていますが、必ず利用明細書を郵送するカードローンもあります。

その場合、借入金を銀行口座に振り込んでもらうと利用明細書が郵送されるため、家族に気付かれる心配があります。ATMから利用明細書を受け取ると、業者から利用明細書は送られません。

ネット完結のカードローンなら手数料無料?

時に、ATMから借り入れ・返済をしなければ手数料がかからない事があります。

基本的に、カードレスで契約したカードローンの振り込みでの借り入れ、口座引き落としでの返済は手数料がかからずに利用が出来ます。

銀行カードローンの場合は提携ATMでも手数料無料で使えるものが多いですが、消費者金融の場合は提携ATMでも手数料がかかる事が多いです。

その為、消費者金融でカードローン契約をするならネットバンキング機能を利用しての借り入れ・返済が出来て手数料がかからないネット完結利用がおすすめです。

基本的に、ネット完結でカードローン利用する場合は、消費者金融での借り入れ契約であっても契約先が指定する銀行口座が必要な場合があります。

また、その際、利用明細書などは電子メール発行、または会員ページで確認できるような手続きをしておけば郵送物が発生することを防げます。

どうしてもローンカードでATMから出金・入金する方法でのカードローン利用を消費者金融でしたいなら、SMBCモビットとプロミスだけは三井住友銀行ATMがいつでも手数料無料で利用できるのでオススメです。

ちなみに、銀行カードローンでネットバンキングを利用して手数料無料で振り込み融資・口座引き落としをする場合は、確実に契約先の銀行の口座が必要になります。

ただし、銀行カードローンであれば、口座開設をしたくない場合は口座開設不要でもカードローン契約できる銀行を選んで契約しても、手数料無料で利用できるATMは消費者金融に比べて圧倒的に多いです。

返済額確定基準日を調べておくことが重要!

ところで、カードローンには約定返済日が設定され、口座振替であれば毎月その日に約定返済額が引き落とされます。

ただ、借入日によっては当月の返済日に引き落とされない場合があります。

約定返済では「返済額確定基準日」における貸越残高を引き落としますが、その基準日がカードローンによって異なっています。

返済日前日の借入分をすぐに引き落とすカードローンがあれば、基準日が3日前、1週間前、2週間前、1ケ月前になっているカードローンもあります。この基準日によって金利が大きく変わってくるため、安易に見逃せません。

例えば、基準日が1ケ月前ということは、1ケ月間は無利息ということであり、借入日によっては60日間で30日分の利息を支払えばよくなります。

従って、365日分の335日の利息だけを支払うことになるため、仮に金利が15%だった場合は、実質上13.6%の金利になるということです。

あまり気にする人がいませんが、重要なポイントです。

コンビマルチニメディア端末返済は手数料0円?

時に、カードローン返済では、コンビニのマルチメディア端末の利用が可能な場合があります。

加えて、コンビニメディア端末で払い込み伝票を発券しての返済は手数料がかかりません。

マルチメディア端末とは、ローソンやミニストップにあるLoppi、ファミリーマートにあるFamiポートなどのことです。

これらは、普段ネットで申込をしたチケット支払いなどに使う機会が多いですが、実は同じ要領でカードローンの返済も可能です。

返済をするといってもマルチメディア端末に直接現金を投入するわけではありません。

カードローン返済用の伝票をマルチメディア端末から発券し、その伝票にある返済額をコンビニのレジで支払う事で返済が完了します。

利用手数料が無料のATMが少ない消費者金融などへの返済は、コンビニメディア端末を利用して返済手数料だけでも抑える事をオススメします。

ただし、コンビマルチニメディア端末を利用しての借り入れは出来ないので、勘違いしないようにしましょう。


オリックス銀行カードローンの金利って高いの?低いの?


お金を積み上げてる女性画像
オリックス銀行カードローンの金利は年1.7%~17.8%となっていますが、オリックス銀行から借入しようと思っている人で、その金利を見て実際にオリックス銀行の金利は高いのか?低いのかどっちなの?と思いませんか?

一番低い金利は1.7%ですが、最高の金利は17.8%になっています。1.7%の金利が低い(安い)のは誰にでも分かりますが、その金利で借りられるのか分かりませんし、最高金利の17.8%はプロミスと同じ金利であり、アコムやSMBCモビット、アイフルなどの消費者金融とほとんど変わりません。

このページでは、オリックス銀行カードローンの金利について細かく説明し、リアルな情報を書きたいと思います。

オリックス銀行カードローンの金利は限度額によって違います!

利用限度額金利
100万円未満12.0%~17.8%
100万円以上150万円以下6.0%~14.8%
150万円超300万円以下5.0%~12.8%
300万円超500万円以下4.5%~8.8%
500万円超700万円以下3.5%~5.8%
700万円超800万円以下1.7%~4.8%
男性指さしイラストまず、基本的なことからですが、銀行カードローンは消費者金融と違って、借入する限度額によって金利が決まっている場合がほとんどです。オリックス銀行カードローンの金利も借入限度額によって決められているので、自分が借りたい限度額の金利をまずは見てください。

そして、金利はその限度額内でも、最低金利~最高金利で書かれています。例えば、100万円未満で借入した場合の金利は12.0%~17.8%です。150万円の場合は6.0%~14.8%となっています。

金利を見るポイントとしては、必ず最高金利を基準として見るようにしましょう。ですので、50万円借りたい人は17.8%の金利を見る。150万円の人は14.8%の金利を見て、その最高金利が自分に付けられる金利だと思っておいた方が無難です。

オリックス銀行カードローンは上限金利(最高金利)だけを見た場合、銀行カードローンの中では金利が高い部類に入ります!他の銀行カードローンと比較すれば分かるのですが、約2%~3%程度金利は高い設定なのです。

オリックス銀行は銀行カードローンの中では金利が高い設定!

カードローンの借入限度額で一番多いのは50万円ですが、その後に限度額を増額したり、大き目の限度額で借りる場合もあると思いますので、200万円以下の金利でオリックス銀行と他の銀行カードローンの金利を比較してみました。

みずほ銀行コンフォートプラン金利
10万円以上100万円未満年14.0%
100万円以上200万円未満年12.0%
200万円以上300万円未満年9.0%
三菱東京UFJ銀行金利
100万円以下12.6%~14.6%
100万円超200万円以下9.6%~12.6%
イオン銀行 
100万円未満13.8%
100万円以上200万円以下8.8%
50万円限度額の場合金利
オリックス銀行12.0%~17.8%
みずほ銀行コンフォートプラン14.0%
三菱東京UFJ銀行12.6%~14.6%
イオン銀行13.8%
150万円限度額の場合金利
オリックス銀行6.0%~14.8%
みずほ銀行コンフォートプラン12.0%
三菱東京UFJ銀行9.6%~12.6%
イオン銀行8.8%
比較する銀行は、銀行カードローンでも低金利の部類に入る、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、イオン銀行の3行にしました。

比較表を見れば分かると思いますが、オリックス銀行カードローンの金利は他の3行のカードローンの金利よりも一段階高くなっています。

50万円限度額の金利では、オリックス銀行が12.0%~17.8%の金利に対し、みずほ銀行は14.0%、三菱東京UFJ銀行は12.6%~14.6%、イオン銀行は13.8%となっており、オリックス銀行以外は全て上限金利でも15%未満の金利となっています。

150万円限度額になると、オリックス銀行が6.0%~14.8%に対し、みずほ銀行は12.0%、三菱東京UFJ銀行は9.6%~12.6%、イオン銀行は8.8%となっています。

これは、オリックス銀行カードローンのもう一段階下の金利(限度額150万円超300万円以下)と同等の金利となっていることから、他の銀行カードローンと金利比較した場合、やはり2%~3%程度オリックス銀行カードローンが高い設定になっていることが分かると思います。

オリックス銀行カードローンの1.7%の金利は借りられるのか?

1-7
オリックス銀行カードローンは最低金利は1.7%となっており、この金利は銀行カードローンの中でもトップクラスに低くなっています。一見、1.7%なら借りたい!と思ってしまうのですが、先ほどのオリックス銀行の金利表を見てください。

オリックス銀行カードローンで金利1.7%を借りるには限度額700万円超800万円以下の審査に通らなければなりません。尚且つ、審査に通ったとしてもその限度額の適用金利は1.7%~4.8%になっているので、必ずしも最も低金利の1.7%で借りれる保証など、どこにもないのです。

カードローンで最も利用されている限度額は50万円です。これは指定信用情報センターのJICCが出している、限度額別の利用者人数を根拠にしており、一般的にカードローンを利用ているのは50万円で1社だけが最も多くなっています。

そのことを踏まえたうえで、限度額700万円超800万円で貸付をするメリットは銀行にはほとんどありません。限度額はあくまで借入枠なので、実際に利用するかしないかは顧客次第となっています。

そのため、仮に限度額800万円で金利1.7%で融資をしたとしても、実際に借りるのは10万円でもOKなのです。10万円しか借りないのに金利1.7%で融資するメリットが銀行にどこにあるのか?普通に考えてみれば分かることですが、そんなメリットはどこにもありません。

カードローンでは利息収入を目的として融資をしていますので、少しでも多くの利息収入を上げるために貸付残高を増やそうと努力しています。もちろん金利は高ければ高いほど入ってくる利息は増えますが、資金需要者は低金利なカードローンを探しており、金利が低いほど優良な顧客が申し込みする可能性もあります。

反対に金利が高い場合、他では借りられない多重債務者や属性が悪いハイリスク層が申し込みする可能性も増えてくるでしょう。カードローンの金利とは、それらのことを総合的に考えて設定されています。

オリックス銀行カードローンだけでは無く、消費者金融でも他の銀行カードローンでも最低の金利(下限金利)で借りられる人は、ほとんどいません。何度も言いますが、カードローンの金利は最高金利(上限金利)で見ることが重要であり、表示されている最低金利に惑わされないことが大切です。


消費者金融のカードローンを利用するメリット


過去、過払い金の問題が起きて以降、消費者金融カードローンの利用者が大幅に減少しましたが、近年利用者が再び増えてきています。

利用者の増加している背景には、大手消費者金融が銀行の傘下に入ったことで信頼性が向上し、「サラ金」と呼ばれていた時代の「怖い取り立て」などの暗いイメージが払拭されてきたことが挙げられます。それとともに、銀行のカードローンでは得られないメリットのあることも影響しています。

消費者金融カードローンのメリットはこれ!

1.申込・借入がスムーズ
消費者金融カードローンのメリットは何と言っても、契約の申込から借入までの手続きが非常に早く済むことです。特に、小口の借入では審査がすぐに終わり、申し込んでから1時間程度で現金を手にできます。

審査が早くなっている理由は「スコアリングシステム」と言って、申込者の年収や勤続年数、雇用形態、家族状況などの属性情報をコンピュータに入力すると、瞬時に借入の可否を判定できる仕組みが構築されているからです。また、指定信用情報機関制度の導入によって申込者の信用情報が即時に判明できるようになったことも審査のスピードアップにつながっています。

2.申込方法が多種
現在のカードローンはインターネットが利用できるため、わざわざ店舗に出向いたり、申込書を郵送したりしなくても自宅や勤務先のパソコンやスマホから簡単に申し込める上、契約書の発行処理もインターネット上で済ますことができます。

最近は消費者金融のカードローン申し込み・管理に使える専用のアプリ(例:SMBCモビット)などもあって、よりローン契約・利用がしやすくなっています。

当然、インターネットであるため営業時間などなく、深夜でも受け付けています。さらに、スマホであれば電車の中やレストラン、旅先など、どこからでも申込が可能です。しかも、インターネットから申し込む場合は借入金を自分の保有している銀行口座に振り込んでもらえるため、ATMまで現金を引き出しに行く必要がありません。振り込み手数料がかかることもなくATMを時間外で使う羽目にもならないので、借り入れ時の手数料も省けます。

なお、自動契約機から申し込む場合は専用の個室が用意されているため、周りの目を気にしなくて済みます。タッチパネルを使って必要事項を入力するとすぐに審査が始まり、審査に通るとローンカードが発行されるため、そばに設置されているATMからすぐに現金を引き出すことができます。

自動契約機はネット申し込みと併せて利用すると、土日祝日でも最短即日融資が叶う事もあるので利便性が高いです。

3.返済手段が多様
返済についても色々な方法から選択でき、銀行口座からの引き落としやコンビニATMからの入金、「ペイジー(インターネット振込)」の利用など、自分の都合の良い方法で返済できます。しかも、口座引き落としやペイジーであれば手数料が無料です。

また、大手消費者金融はどこも大体、臨時返済に随時対応しているので約定返済額に上乗せしての返済や約定日より早めに繰り上げ手の返済などが自由に出来ます。

4.サービスが豊富
消費者金融カードローンのメリットとしてサービスが豊富なことも見逃せません。まず、消費者金融のホームページに利用者専用のWEBサイトを設定でき、そこから借入の申込、返済、残高の管理、明細書のプリントアウトなどができるようになっています。また、「無利息期間」や「ポイントサービス」など多様なサービスを受けられます。

ちなみに、消費者金融の利用者が増えている要因には、改正貸金業法によって金利が大幅に低く(15~18%)なったこともあります。

消費者金融カードローンの利便性の高さはWEBサイト!

消費者金融カードローンと銀行カードローンのそれぞれのメリットを比較されることがよくありますが、消費者金融カードローンの優れている点の代表ともいえるのがWEBサイトの利用です。大手の消費者金融はどこでもWEBサイトに利用者ごとのページを提供しており、借入や返済、利用明細の確認、登録の変更など、色々な手続きやサービスを利用できるようになっています。

例えば、プロミスとアコムにおける借入・返済の方法は以下のようになっています。

●プロミス
ホームページにある「会員ログイン」ボタンを押し、ログインフォームに「カード番号と暗証番号」か「WEB-IDとパスワード」のどちらかを入力するとログインができます。
■借入
「キャッシング」から「瞬フリ(振込キャッシング)」に進み、表示された「振込希望額」の欄に借りたい金額を入力して実行ボタンを押すだけです。振込先口座がグループ銀行の三井住友銀行かジャパンネット銀行であれば何時に申し込んでも瞬時(最短10秒)に入金されますが、他の銀行が振込先の場合は14時50分を過ぎると翌日の入金になります。

なお、利用明細書に関しては、受取方法を「郵送にて受取」に設定していると自宅か勤務先の指定した方に送られますが、郵送して欲しくない場合は「ホームページにて確認」にすると送られません。

■返済
インターネットを利用した返済は三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行の5行が利用できます。振込手数料は無料です。「インターネット返済」ボタンを押し、「返済金額指定」の欄の「一部返済」に金額を入力します。「銀行選択」に進み、銀行を指定して返済実行を押せば完了です。

●アコム
■借入
プロミス同様、「会員ログイン」に「カード番号と暗証番号」を入力します。「振込みによるお借入」ボタンから「振込みによるお借入を申し込む」に進み、「振込み希望金額内容」の画面で借入希望額(1万円単位)を入力するだけです。

アコムの場合は楽天銀行が24時間対応になっており、それ以外の口座は14時30分までの申込に対して即日振込が行われます。なお、金額入力欄で利用明細書の送付先を指定するようになっていますが、契約時にホームページでの確認に設定すると郵送されません。

■返済
「インターネットでのご返済」ボタンを押すと、「次回ご返済金額」や「次回ご返済期限」などの項目の並んでいるページが表示されます。「次へ」を押すと返済金額を入力する画面が出るので、返済したい金額を入力し、「確認」を押します。

最後に、引き落とし先の口座を指定して終了です。振込手数料はアコムも無料です。アコムの場合はプロミスと違い、インターネット返済を受け付ける銀行を限定しておらず、どの銀行からでも振込返済ができます。また、振込返済は借入と違い、どの銀行でも時間の制約がなく即時に決済されます。

消費者金融利用の注意

消費者金融はどうしても金利が銀行カードローンより高めなので、長期利用には向きません。

返済期間が長くなるほど、利息は増えていくので返済の自由が利く分なるべく率先して臨時返済をすることをおすすめします。

また、消費者金融で又借りしての自転車操業はいつ破産に繋がってもおかしくないので、複数での借り入れは避けるようにしましょう。

万が一、どうしても必要で借りれ先を増やした際は、おまとめでローンの一本化を早い段階ですることで多重債務に陥ることが防げます。

消費者金融での借り入れは、スピーディーで利便性が高くローン利用の自由度が高いですが、借りた後の返済についてもよく考える事が大切です。