カテゴリー別アーカイブ: カードローン金利

オリックス銀行カードローンの金利って高いの?低いの?


お金を積み上げてる女性画像
オリックス銀行カードローンの金利は年1.7%~17.8%となっていますが、オリックス銀行から借入しようと思っている人で、その金利を見て実際にオリックス銀行の金利は高いのか?低いのかどっちなの?と思いませんか?

一番低い金利は1.7%ですが、最高の金利は17.8%になっています。1.7%の金利が低い(安い)のは誰にでも分かりますが、その金利で借りられるのか分かりませんし、最高金利の17.8%はプロミスと同じ金利であり、アコムやモビット、アイフルなどの消費者金融とほとんど変わりません。

このページでは、オリックス銀行カードローンの金利について細かく説明し、リアルの情報を書きたいと思います。

オリックス銀行カードローンの金利は限度額によって違います!

利用限度額金利
100万円未満12.0%~17.8%
100万円以上150万円以下6.0%~14.8%
150万円超300万円以下5.0%~12.8%
300万円超500万円以下4.5%~8.8%
500万円超700万円以下3.5%~5.8%
700万円超800万円以下1.7%~4.8%
男性指さしイラストまず、基本的なことからですが、銀行カードローンは消費者金融と違って、借入する限度額によって金利が決まっている場合がほとんどです。オリックス銀行カードローンの金利も借入限度額によって決められているので、自分が借りたい限度額の金利をまずは見てください。

そして、金利はその限度額内でも、最低金利~最高金利で書かれています。例えば、100万円未満で借入した場合の金利は12.0%~17.8%です。150万円の場合は6.0%~14.8%となっています。

金利を見るポイントとしては、必ず最高金利を基準として見るようにしましょう。ですので、50万円借りたい人は17.8%の金利を見る。150万円の人は14.8%の金利を見て、その最高金利が自分に付けられる金利だと思っておいた方が無難です。

オリックス銀行カードローンは上限金利(最高金利)だけを見た場合、銀行カードローンの中では金利が高い部類に入ります!他の銀行カードローンと比較すれば分かるのですが、約2%~3%程度金利は高い設定なのです。

オリックス銀行は銀行カードローンの中では金利が高い設定!

カードローンの借入限度額で一番多いのは50万円ですが、その後に限度額を増額したり、大き目の限度額で借りる場合もあると思いますので、200万円以下の金利でオリックス銀行と他の銀行カードローンの金利を比較してみました。

みずほ銀行コンフォートプラン金利
10万円以上100万円未満年14.0%
100万円以上200万円未満年12.0%
200万円以上300万円未満年9.0%
三菱東京UFJ銀行金利
100万円以下12.6%~14.6%
100万円超200万円以下9.6%~12.6%
イオン銀行 
100万円未満13.8%
100万円以上200万円以下8.8%
50万円限度額の場合金利
オリックス銀行12.0%~17.8%
みずほ銀行コンフォートプラン14.0%
三菱東京UFJ銀行12.6%~14.6%
イオン銀行13.8%
150万円限度額の場合金利
オリックス銀行6.0%~14.8%
みずほ銀行コンフォートプラン12.0%
三菱東京UFJ銀行9.6%~12.6%
イオン銀行8.8%
比較する銀行は、銀行カードローンでも低金利の部類に入る、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、イオン銀行の3行にしました。

比較表を見れば分かると思いますが、オリックス銀行カードローンの金利は他の3行のカードローンの金利よりも一段階高くなっています。

50万円限度額の金利では、オリックス銀行が12.0%~17.8%の金利に対し、みずほ銀行は14.0%、三菱東京UFJ銀行は12.6%~14.6%、イオン銀行は13.8%となっており、オリックス銀行以外は全て上限金利でも15%未満の金利となっています。

驚く男性イラスト150万円限度額になると、オリックス銀行が9.0%~14.8%に対し、みずほ銀行は12.0%、三菱東京UFJ銀行は9.6%~12.6%、イオン銀行は8.8%となっています。

これは、オリックス銀行カードローンのもう一段階下の金利(限度額150万円超300万円以下)と同等の金利となっていることから、他の銀行カードローンと金利比較した場合、やはり2%~3%程度オリックス銀行カードローンが高い設定になっていることが分かると思います。

オリックス銀行カードローンの1.7%の金利は借りられるのか?

1-7
オリックス銀行カードローンは最低金利は3.0%となっており、この金利は銀行カードローンの中でもトップクラスに低くなっています。一見、3.0%なら借りたい!と思ってしまうのですが、先ほどのオリックス銀行の金利表を見てください。

オリックス銀行カードローンで金利1.7%を借りるには限度額700万円超800万円以下の審査に通らなければなりません。尚且つ、審査に通ったとしてもその限度額の適用金利は1.7%~4.8%になっているので、必ずしも最も低金利の1.7%で借りれる保証など、どこにもないのです。

カードローンで最も利用されている限度額は50万円です。これは指定信用情報センターのJICCが出している、限度額別の利用者人数を根拠にしており、一般的にカードローンを利用ているのは50万円で1社だけが最も多くなっています。

そのことを踏まえたうえで、限度額700万円超800万円で貸付をするメリットは銀行にはほとんどありません。限度額はあくまで借入枠なので、実際に利用するかしないかは顧客次第となっています。

そのため、仮に限度額800万円で金利1.7%で融資をしたとしても、実際に借りるのは10万円でもOKなのです。10万円しか借りないのに金利1.7%で融資するメリットが銀行にどこにあるのか?普通に考えてみれば分かることですが、そんなメリットはどこにもありません。

カードローンでは利息収入を目的として融資をしていますので、少しでも多くの利息収入を上げるために貸付残高を増やそうと努力しています。もちろん金利は高ければ高いほど入ってくる利息は増えますが、資金需要者は低金利なカードローンを探しており、金利が低いほど優良な顧客が申し込みする可能性もあります。

反対に金利が高い場合、他では借りられない多重債務者や属性が悪いハイリスク層が申し込みする可能性も増えてくるでしょう。カードローンの金利とは、それらのことを総合的に考えて設定されています。

オリックス銀行カードローンだけでは無く、消費者金融でも他の銀行カードローンでも最低の金利(下限金利)で借りられる人は、ほとんどいません。何度も言いますが、カードローンの金利は最高金利(上限金利)で見ることが重要であり、表示されている最低金利に惑わされないことが大切です。