残高スライド方式のメリット

最近のカードローンではリボルビング払いの欠点を補うために、「残高スライド方式」が加えられています。

残高スライド方式というのは、一定金額以上借入残高が増減すると、それに合わせて約定返済額をスライドさせるものです。

例えば、借入残高が10万円の場合の約定返済額は月4,000円ですが、これが30万円になると月8,000円に上がり、さらに50万円に増えると月12,000円になります。

このように約定返済額を増額することによって元金の減少を図り、返済の長期化を防止しています。

しかしながら、借入残高の増加によって返済額が増えたとしても、元金に組み込まれる比率が高くなるわけではありません。

また、借入残高が減った時に返済額を減らしていたのでは返済を続けていくことに変わりがありません。

リボルビング払いというのはその性質上返済が続き、利息を払い続けるシステムになっています。

カードローンの賢い利用方法というのはできる限り返済を早く終わらせ、余計な利息を取られないようにすることです。

そのために重要になるのが、毎月の定期返済以外の繰り上げ返済です。繰り上げ返済で支払った金額はすべて元金に充当されるため、利息の大幅な削減ができます。

ボーナスなどで資金に余裕が出た時は、繰り上げ返済をすることが賢明です。

オリックス銀行カードローンでは、残高スライドリボルビング返済方式となっていますので、借入残高によって、返済金額が変わってきます。

最低は30万円以下の場合で月々7,000円となっています。30万でも最低は7千円でOKのことから、支払が不安な人でも安心して借りられるメリットがあるのです。

その為、消費者金融からのカードローン借り換え審査などで、オリックス銀行は非常に支持が多くなっているのもその理由が大きいと思います。

オリックス銀行カードローンの返済方式は?

現在では消費者金融でも銀行でもカードローンの返済には「リボルビング払い」が採用されています。

リボルビング払いの場合は、新たに借入をしてもその借入に対する返済額が追加されないため、毎月同じ返済額を支払い続けることから、返済が容易という大きなメリットがあります。

ただ、カードローンの返済方式は「元利均等方式」になっており、毎月の返済額の中から先に利息が引かれて残った金額が元金の返済に充てられるため、借入金額が膨張すると利息分が拡大することによって、元金充当分が減ることになります。

結果として、返済額が常に同じであると毎月利息だけを支払う羽目になり、元金が減らないという現象を招きます。

それが、リボルビング払いのデメリットと言えます。

例えば、カードローンから金利18%で10万円を借り、毎月の返済金額が5,000円だったとします。

1ヶ月(30日分)の利息は1,479円なので、元金は3,521円減ります。

しかし、借入残高が20万円になると1ヶ月の利息は2,958円になり、元金は2,042円しか減りません。

さらに、借入残高が30万円に膨れると1ヶ月の利息は4,438円に増えるため、5,000円を支払ってもたったの562円しか元金が減らなくなります。こうなると、いつまでたっても利息だけを支払う形になります。

その為、オリックス銀行カードローンでは残高スライドリボルビング方式となっています。(参考:オリックス銀行カードローン審査の体験談!口コミも掲載

残高スライドリボルビング返済方式は次のページで詳しく説明します。