オリックス銀行カードローン審査に落ちたらどこがいい?


オリックス銀行カードローンの審査は、まず保証会社のオリックス・クレジット(株)の保証審査に通ってから、オリックス銀行の審査にも通らなければなりません。

今は、新生フィナンシャル(株)の保証でもOKとなっていますので、オリックス・クレジット(株)または、新生フィナンシャル(株)のどちらかの審査に通れば保証会社は付きます。

銀行カードローンの保証会社は通常1社のみですが、オリックス銀行の保証会社は2社ついていることによって、1社のみの銀行カードローン審査よりも有利になっていると言えます。

保証会社の役割は、銀行カードローンでは保証会社が付くことによって、問題発生時は保証会社からの弁済がありますので、安心して融資することができます。

その為、オリックス銀行カードローンの審査でもどちらかの保証会社の審査が通れば、借りられる可能性は高いと思っていただいて良いでしょう。

しかしながら、保証会社の審査もそうですし、オリックス銀行本体の審査に通らない人もいるため、カード審査に落ちる人も当然いるのです。

仮にオリックス銀行カードローンの審査に落ちたら次に申し込みするカードローンはどこがいいのでしょうか?

オリックス銀行審査に落ちたら消費者金融がいい?

もし、オリックス銀行カードローンの審査に落ちたらどうすれば良いのか?他のカードローンに申込みするならどこがいいのか?

これは、あなた自身の勤続年数や会社規模、年収によって変わってきますが、一般的に銀行カードローンで借りられなかった場合、もう1社の銀行カードローンへ申込みするか、消費者金融へ申込みするのか選択が分かれるところです。

オリックス銀行は上限金利が17.8%となっているので、審査自体はそこまで厳しくはないでしょう。

消費者金融でも上限金利は18%近くになっており、オリックス銀行と消費者金融では最高金利はあまり変わりません。

唯一変わるとしたら、オリックス銀行には保証会社がついていることによって、消費者金融よりも審査のハードルが高くなっているのです。

オリックス銀行審査に落ちたら、次に申し込みするのは消費者金融がおすすめです。では消費者金融はどこがいいのか?消費者金融で選ぶならばやはり大手にするべきです。

消費者金融には中堅消費者金融と大手消費者金融、中小消費者金融などに分かれます。

金利は上限金利が18%近いので、大手も中堅もあまり金利が変わらないのですが、実際に利用した場合、圧倒的に大手の方が会員サービスや提携ATMが充実しており、当然接客対応の質も高いです。

例えば、大手の消費者金融の場合、コンビニにある銀行ATM(セブン銀行やローソン、Enet)はほとんどが利用可能です。

しかし、中堅以下の消費者金融の場合、コンビニATMと提携しているのはほとんど無く、支払いは振込やインターネットバンキングのみになっています。

中小の消費者金融になると、返済が自社のATMや銀行振込のみになっている場合もあり、銀行振込ならば振込手数料も負担するケースもあるほどです。

いくら金利が同じだとしても、それらの利便性を考えたとき、大手以外の消費者金融に申し込みするメリットは無いと言っても良いでしょう。

大手消費者金融では審査が通らない人ならば、中堅や中小消費者金融へ申し込みする選択肢は有りなのですが、そこまで審査に不安が無い人は、大手のプロミスやアコム、モビットへ申し込みするべきたと言えます。

オリックス銀行審査に落ちた場合消費者金融の審査は通るのか?

オリックス銀行カードローンは貸金業法の適用ではありませんので、カードローン年収による規制はありません。

銀行は貸金業法ではなく銀行法の適用となっています。

しかし、消費者金融は総量規制があり、年収3分の1以上借りることができないのが事実です。

だからと言って、消費者金融の審査は銀行よりも厳しい訳ではありません。仮に年収3分の1以上借入がある人は、消費者金融でも銀行カードローンでも審査に通ることは難しいでしょう。

おまとめローンや借り換えローンの審査は別ですが、フリーローンで申し込みした場合、年収に対する負債の割合が3割を超えているのであれば、どこのカードローンでも審査には通らない可能性が高いのです。

あくまで審査の厳しさは、銀行カードローンの方が保証会社の関係もあって厳しいので、銀行の審査に落ちたからと言って、消費者金融の審査にも落ちるわけではないのです。

ただ、注意点としては、あまりにも申込みしすぎると信用情報に申込み登録がされますので同日に申込みするなら3件までにしておいた方が無難です。

管理人がおすすめする、申込みコースは、オリックス銀行→プロミス→アコムとなります。プロミスとアコムどちらも最短1時間融資が可能になっており、もしオリックス銀行の審査に落ちたとしても、時間が早ければまだ最短で即日融資も可能なカードローンとなっています。

特に、オリックス銀行での借り入れを想定していたのに審査に通らなった場合、ジャパンネット銀行口座が開設済みなら、プロミスへ申し込むのがおすすめです。

プロミスの借り入れ(WEB完結)でもジャパンネット銀行口座は利用できるので、もし「わざわざ口座開設までしたのに…」という方は落胆せずに済みます。

プロミスで契約した場合、ジャパンネット銀行口座宛ての振り込みが24時間365日最短10秒(瞬フリ)という速さでしてもらえるので、口座を開設するのにかけた時間が無駄にはなりません。

アコムでもジャパンネット銀行口座が使えないわけではありませんが、アコムで一番振り込み融資を早く(最短1分で)してもらうには楽天銀行口座が必要となっています。

それ以外の銀行やゆうちょ銀行の口座でも振り込み融資対応していますが、借り入れが早く出来る時間が限られてきます。

カードローンの審査に一発で通る方もいれば、そうでない方もいる事でしょう。
第一希望の借入先が万が一審査落ちだった場合も考えて、第二希望も吟味しておくと良いと思います。

審査に何度も落ちる場合申し込みは控える!

時に、カードローン審査に1社、2社と立て続けに落ちてしまった場合、そのあとの新規借り入れ申し込みは当分控えた方が良いといえます。

それは、何度も短い期間に申し込みをして審査に落ちることで、申し込みにより異動情報が付いてしまう事があるからです。

1カ月のうち、2社カードローン申し込みをして、両方とも審査落ちしてしまったら、それ以上は6カ月後に申し込みをするのが良いです。

というのは、借り入れの申し込み履歴は信用情報に6カ月間保管され、カードローン審査の際にはそれらも貸付側に照会されるからです。

つまり、申し込みの度、審査落ちしているというのが知られてしまうため、前の申し込み履歴が新たな契約審査に影響を与えてしまいます。

その為、第2候補のカードローン審査に落ちた場合は、なるべく6カ月以上間をおいて新たに申し込みをするのが良いでしょう。

すぐにお金が必要なのに、それでは困る!と思う方もいるかもしれませんが、2社カードローン審査に落ちるという事は、明らかに何か信用情報や申請した個人情報に問題があります。

信用情報にキズがある場合は、短期でそのキズを除くことは難しいですから、6カ月の間に借り入れが嵩んでいるなら残高を減らす、延滞をしているならとにかく返済を滞りなく行うなど状況に合わせて、借り入れ状況を改善させましょう。

個人情報に問題があるというのは、申し込み情報が正確ではないという事です。

例えば、電話番号を間違えた、住所を間違えたなどのケアレスミスから、意図的な虚偽情報での申し込みにより審査に落ちることもあります。

この場合は、自身の情報なので正確に把握するという事を徹底するしかありません。

加えて、実際はそうではないのに、申し込み情報を審査に通過したいがために偽るのは無意味なのでやめましょう。

月並みですが、嘘は必ずバレます。

金融機関も営業の過程で、様々な顧客に貸付をしてきており、膨大なデータを保持しているので、年収や職業などの属性の嘘は見抜いてしまいます。

何としてもカード-ローン審査に通らなくてはいけない!と思っても、信用情報や属性が基準を満たしていないうちに何度申し込みをしたところで、結果は同じです。

徒に、手当たり次第申し込むのも、ましてや嘘の情報で申し込むのも、結果の伴う行為ではない事は肝に銘じましょう。