おまとめローンで失敗する人の例


壁矢印
カードローンで何社も借りていると一番面倒なのは返済です。3社から借りていた場合、それぞれ返済日が違ってきますので返済日までに支払いをしないといけない精神的圧力と、返済が遅れたらいけないという道徳観、そして何より自分自身の資金繰りが毎月気になって、大きなストレスに発展する人もいます。

そんな悩みを解決してくれるのが「おまとめローン」です。おまとめローンは、借金を一本化するローンなので、当然支払いも1社だけになるので、今までの精神的なストレスはかなり軽減されます。

そして金利も引き下げられることから、良いことずくめのローンなのですが、実際にはおまとめローンをしても債務整理や自己破産になってしまう人も多くいるのです。

おまとめローンの失敗例はあまり見ることが無いと思いますので、どのようなケースがおまとめローンを借りて失敗するのか、具体的に書いてみたいと思います。

おまとめローン後に借入して失敗する例がほとんど

男性指さしイラストおまとめローンで失敗する人の多くは、おまとめローン後に借入をしてしまって返済不能になるケースです。おまとめローンは借金をまとめるローンで金利を下げることで毎月の返済金額が下がりますが、今までよりも支払いが減ったことで、まだ借りても大丈夫だろうと安易に考えてしまう人がいるのです。

例えば、200万円を一本化して、毎月の返済金額が60,000円から40,000円に下がったとします。今までは月6万円払っていたのが4万円になり、2万円負担が減ったのですが、ちょっとした物入りの時に今までは6万円払っていたので、10万円他で借りても月の返済は4千円だから大丈夫だろうと思って、他のカードローンで新たに10万円を借りてしまうのです。

そうすると、おまとめ前とおまとめ後では確かに借入件数は減っていますが、借金の金額自体は200万円で変わっていません。新たに借入することのよって、借金は210万円となって、おまとめローン前よりも負債が増えているのです。

このように毎月の返済金額が減った分、また新たに借入してしまう人は、その後も借入を繰り返します。あっという間におまとめローン前と同じ毎月6万円の支払いになったとき、借入総額は300万円ぐらいに膨れ上がっているのです。

おまとめローンで200万円を一本化した後に、またさらに300万円でおまとめローンを借りることは現実的に非常に難しくなります。

200万円でおまとめしたことは、指定信用情報を見ればカードローン会社は分かりますので、しかもおまとめローン後に新たに借入していることも当然分かります。そのような信用が無い人にまたおまとめローンを融資するところなど無く、またこの人は一本化したあとも借入するだろうと審査で思われますので、再度一本化などはかなりの高い確率ですることはできないのです。

そうなった場合、返済が厳しくなり、残っている道は債務整理となり、任意整理または自己破産の選択肢しか無くなってしまうのです。

時に、消費者金融で総量規制例外貸付としておまとめをするというのは、借り換え時の残高が総量規制以上のものになっても良いという特例であって、追加借り入れに関しては例外貸付の条件に当てはまらない為出来ないようになっています。

おまとめローンは完済を目指すためのローン

疑問の男性イラスト多くの人がおまとめローン後に借入をして支払いができずに破綻してしまうのは、そもそもおまとめローンという商品について「支払いを楽にするローン」と考えている部分があるからではないでしょうか?

おまとめローンは、借入を一本化して返済計画を立て直し、完済に向けて支払いをしていくローンが主旨となっています。

支払いを楽にしたいだけでおまとめローンを借りてしまうと、安易に新たな借入を繰り返してしまい、蓋を開けてみればおまとめローン前よりも借金が増えていることになりかねません。

借入を早く無くしたい人や、完済をより現実的にして返済計画をもう一度立て直したい人など、「完済」への意志が弱い人は逆に負債が大きくなってしまうこともあるのです。

おまとめローンで失敗する人の多くが借入を増やしてしまう人なので、くれぐれもそのような人はおまとめローンは向いていませんので注意が必要です。

銀行のおまとめローンは返済のみ?

銀行の通常カードローンとしてローンの一本化をするのではなく、資金用途をおまとめで借りるおまとめローンであれば、原則おまとめ後は完済するまで借入れが出来ません。

その為、もし万が一おまとめ後に追加借り入れをしようとすると、おまとめローン契約をした銀行から契約違反とみなされ一括で残高分を請求される恐れがあります。

何としてもおまとめローンで一度完済までこぎつけたい方は、銀行のおまとめ専用ローンで契約し返済のみをしていくようにするといいでしょう。

また、銀行のフリーローンも完済を目指すためのおまとめローン契約先としておススメです。

何故なら、銀行のフリーローンもおまとめ専用ローンと同じく、ローン契約時に一度借り入れをしたら、その後は一切追加借り入れが出来ないからです。
(*再審査を受けて追加借り入れが出来ることもある。)

加えて、銀行のフリーローンは金利が低いので、利息負担を軽減するのにもってこいとなっています。

ところが、フリーローンには繰り上げ返済の自由が利かない、約定返済以外の任意の返済をする際手数料がかかる、というデメリットがあります。

その為、繰り上げ返済などを自分のサジ加減でして、完済までの期間を短縮させたい方には、フリーローンよりも銀行のおまとめ専用ローンが向いているといえます。

おまとめローン失敗後は自己破産しかない!?

返済能力が債務の総額と見合わず、おまとめローン契約さえできなった場合は債務整理を検討する必要が出てきます。

おまとめローンが出来なかったからと言って、そのまま完全な返済不能に陥ってしまうまで各借入先に返済をするよりも、債務整理をした方が生活が楽になることもあります。

債務整理って、自己破産のことでしょう!?社会的立場が…

と思う方もいるかもしれませんが、債務整理の方法は自己破産だけではありません。

自己破産も債務整理の方法の内の一つではありますが、他の債務整理手続きでは借金が解消できなかった場合の最終手段です。

まずは、任意整理で貸付側へ専門家を介して利息分支払いの免除や返済額の減額などの交渉をするのが良いでしょう。

あくまで交渉なので、貸付側が了承しなければ債務の軽減は出来ませんが、大体は貸付側も貸し倒れを避けたいので要求を吞んでくれます。

また、任意整理で対応してもらっても、返済が滞る心配の方が大きい方は、個人再生という方法も取れます。

個人再生は、任意整理のように交渉内容が自由ではなく大体の範囲が限定され、条件が付きます。

しかし、5分の1から10分の1程の範囲で返済総額が減額してもらえます。

条件は、個人再生で返済総額を減額した債務は3~5年の間に完済する必要があるという事です。

一般的に、任意整理と個人再生で貸金業者相手のほとんどの借金問題は解決できます。

ところが、上述した内容では解消できない、最早契約者に返済能力がほぼない場合は、自己破産手続きを取るしかありません。

ただし、自己破産をするという事は、極論ですが、なにも完全に社会的に死んでしまうわけではありません。

車や家その他財産といえるような物は、すべて手放す必要がありますし、一定期間(免責が下りるまで)特定の職業に就けなくはなります。

特定の職業というのは、弁護士、税理士、行政書士、公認会計士、司法書士、警備員、建設業者などが挙げられます。

職業はこれら以外にもありますから、免責が下りるまでは、最低限生活が出来るレベルの仕事に就けないわけではありません。

また、自己破産は就職や転職の際に会社側に知られることはほぼありません。
他の債務整理にも同じ事がいえます。

ただし、公務員や金融業界系の職の場合は、官報などをチェックして自己破産者ではないかを見られることもあるようです。

基本的に、お金に携わる職業でなければ、仕事をするのに自己破産は関係ありません。