銀行カードローンが消費者金融よりも優れている自動融資と自動貸越とは?


銀行カードローンを見ている女性画像カードローンにおけるサービスの豊富さ、利便性の高さでは銀行カードローンより消費者金融カードローンの方が優れていると言わざるを得ませんが、唯一、銀行カードローンだけが持つサービスとなっているのが「自動融資」と「自動貸越」です。

自動融資というのは、口座に残高が不足している時に自動的にカードローンから融資を行うサービスのことです。公共料金やクレジットカード代金、インターネットショッピング代金などを銀行口座からの引き落としにしているケースが少なくありませんが、うっかり口座に入金するのを忘れて残高が不足していると代金の決済ができなくなります。

銀行カードローンの自動融資はあったら意外に便利!

審査解説男性画像そんな時に、不足している金額をカードローンから埋めてくれるのが自動融資です。決済ができないと延滞金を取られることになりますし、信用情報にも傷が付きます。また、海外旅行中の返済期日の時に、決済ができないことでクレジットカードの利用を停止されたら大変なことになります。

それを防止できるのが自動融資のメリットです。現在の銀行カードローンには自動融資機能の提供されているものが多くなっています。

ただし、契約しているカードローンの返済ができないからといって、返済金額に対して自動融資が行われることはありません。

【自動融資サービスが可能な銀行カードローン】
・みずほ銀行カードローン
・三井住友銀行カードローン
・ジャパンネット銀行ネットキャッシング
・北日本銀行カードローン
・イオン銀行カードローン
・三菱東京UFJ銀行カードローン「マイカード プラス」

自動貸越もいざというときには助かる銀行のサービス!

男性解説イラスト次の自動貸越も便利な機能です。誰しも保有している銀行のキャッシュカードを持っていますし、クレジットカードも1枚や2枚は財布に入っているものです。そこに消費者金融のカードローンや銀行のカードローンを新たに利用するとカードが1枚増え、管理が面倒ですし、無くす懸念もあります。

ところが、口座を保有している銀行の自動貸越機能付きカードローンを利用すればキャッシュカードにローン機能が付帯されるため、カードの増えることがありません。

自動貸越というのは預金口座にセットされるカードローンに付いている機能のことですが、利用限度額の範囲内であれば、キャッシュカードを使ってお金を引き出す時に口座に残金が足りなくてもカードローンから不足分が自動的に貸し出されるため、必要な額のお金を引き出すことができます。従って、お金が足りないからといって、ローンカードから別に借り入れる必要がありません。

返済に関しても、口座に入金すればカードローンの返済に回されるため、カードローンの返済用として別に入金する必要がありません。なお、返済金額に関しては、毎月一定の金額を返済する「定額返済」になっているカードローンがあれば、任意の時に任意の金額を返済すればいい「随時返済」になっているものもあります。

ちなみに、自動融資や自動貸越はメガバンクだけではなく、地方銀行のカードローンでも対応していることが多く、専業主婦でも利用できるのが一般的です。

【自動貸越サービスが可能な銀行カードローン】
・みずほ銀行カードローン(キャッシュカード兼用型)
・スルガ銀行カードローン
・りそな銀行

しかし、キャッシュカード兼用型カードローンを利用の場合に注意したいのがATMの利用です。

キャッシュカード兼用型の場合、ローンカードでなら利用できる提携金融機関のATM(特にゆうちょ銀行ATMは利用できなくなることが多い)が利用できなかったり、時間外手数料がかかってしまう事が多いです。

その為、キャッシュカード兼用型カードローンで借り入れ・返済をするなら、ネットバンキングを利用することをオススメします。

その点にだけ気を付ければ、自動貸越が可能なキャッシュカード兼用型カードローンは便利です。